観光スポット

1/4ページ

ドゥブロヴニク郊外のローカル路線バス: ドゥブロヴニク – ストン

ドゥブロヴニク市外、西に向かう路線は、グルージュの長距離バスターミナルを起点・終点として、ザトン、トゥルステノ、マリストン、ストンなどの各都市とドゥブロヴニクをつないでいます。 ルート沿いに、日帰りで楽しめる素敵な場所がいっぱい。この記事では、そんなドゥブロヴニク西側の路線バスについてまとめます。

スルジ山: Mt Srđ & 2017 年ケーブルカー料金表

スルジ山は、ドゥブロヴニク旧市街のすぐ外側に位置する、標高 412 m の小高い山。山頂までケーブルカー(ロープウェイ)でアクセスすることができる絶景スポットとして知られています。 今回は、このスルジ山の見どころをまとめてご紹介します。

ゴルニ・ウガオ・タワー: Gornji Ugao Tower

ゴルニ・ウガオ・タワーはドゥブロヴニクの城壁に城壁に取り込まれた要塞の一つ。目立たない建物ですが、中は発掘された鋳造所跡がそのまま美術館となっており、なかなかおもしろい場所です。 今回は、このゴルニ・ウガオ・タワーについてご紹介します。

​ 聖ヴラホ教会: St. Blaise’s Church / Crvka sv. Vlaha

聖ヴラホはドゥブロヴニクの守護聖人。ドゥブロヴニクの城壁、門の上、主要な建物の壁など、市内のあちこちに、左手(※まれに右手のものも)にドゥブロヴニクの模型を抱えた聖ヴラホ像が刻まれています。 この記事では、守護聖人聖ヴラホ、そして彼を祀る聖ヴラホ教会についてご紹介します。

​ドゥブロヴニク大聖堂(聖母被昇天大聖堂): Dubrovnik Cathedral

ドゥブロヴニク大聖堂は、総督邸の斜め前にあり、ルジャ広場やグンドリッチ広場にもすぐにでられる、街の中心地にある大聖堂。聖母マリアが肉体と魂を保ったまま天国へ召されたという「聖母の被昇天」を記念した大聖堂です。 今回は、ドゥブロヴニクを代表する建築の一つ、ドゥブロヴニク大聖堂についてご紹介します。

ドゥブロヴニク城壁の門

ドゥブロヴニクといば、「アドリア海の真珠」というニックネームがうまれる理由の一つにもなった、壮大で美しい城壁がよく知られています。しかし、この城壁、実はただのきれいな壁ではなく、要塞や軍隊の詰め所、鋳造所まで備えた、中世の最新鋭防衛装置。 今回の記事では、そんなドゥブロヴニクの城壁の知られざる一面が垣間見える、城壁の門に関するエピソードをご紹介します。

ドゥブロヴニク城壁ラン、登録受付開始

2017 年の Du Motion – Dubrovnik Runner’s Days(ドゥ・モーション – ドゥブロヴニク・ランナーズ・デイズ)、ドゥブロヴニクの城壁を走るマラソン大会の申し込みの受付が始まりました。 Du Motion は今回で 3 回目、2017 年は 4 月 29 日および 30 日の 2 日間にわたって開催されます。21.2 km のハーフマラソンからストラドゥン(プラツァ通り)での子ども達のかけっこまで、4 種類のレースが予定されており、参加ランナーは合計で 3000 人超。見学者も含めると、40 ヶ国以上から 6000 人を超えるビジターを集める一大イベントです。 レースは次の 4 種類です。 ドゥブロヴニクハーフマラソン 開催日: 2017/4/30 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) 制限時間: 3 時間 コース(21.1 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ ドミニコ会修道院 → プロチェ門 →  城壁外を回ってピレ門側へ → ドゥブロヴニク港 → ドゥブロヴニク川沿いを上流へ → 対岸のロジャット(Rožat)で折り返し → ピレ門からドゥブロヴニク旧市街に入ってゴール 城壁ラン ※100 名限定 開催日: 2017/4/29 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) コース(2.5 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ 城壁 → ストラドゥン(プラツァ通り) チャリティ・レース 開催日: 2017/4/30 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) 制限時間: 3 時間 コース(21.1 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ ドミニコ会修道院 → プロチェ門 →  城壁外を回ってピレ門側へ → ドゥブロヴニク港手前で折り返し → ピレ門からドゥブロヴニク旧市街に入ってゴール キッズ・デイ 開催日: 2017/4/29 時間: 未定 コース: ストラドゥン(プラツァ通り) 詳しくは Du Motion の公式サイトをご覧ください(英語)。参加申し込みはこちらです。

ドゥブロヴニクについて知っておきたいこと: Top 10

美しい旧市街、美しい海と山、ジブリ作品のモデル…。外見の美しさに注目されがちなドゥブロヴニク、実はとってもユニークな場所。例えば、中世には都市国家として 500 年近く独立していたり。実在の 007 のモデルと縁が深かったり! 今回は、そんなドゥブロヴニクの知られざる秘密、Top 10 をご紹介します!

【開催地変更】今週末はスルジ山へ – 山頂マーケット → ラザレティ

【悪天候のため開催地が変更になりました】 スルジ山で開催される予定だったマーケットですが、悪天候により、開催地はラザレティへ変更となりました。 今週末ドゥブロヴニク旅行予定の方、ラッキーです! 今週末(9 月 17 日、18 日)は、9:00 – 22:00 の間、スルジ山頂のケーブルカーを降りてすぐのところで特設マーケットが開かれます。山頂の素晴らしい眺めを楽しみながら、地元の市場を楽しめるまたとない機会。山頂でマーケットが開かれるのは大変珍しいことなので、もし時間に余裕があったら是非行ってみてください。 マーケットには、ドゥブロヴニクの近隣 〜 お隣のボスニア・ヘルツェゴビナの小規模な農家が精魂込めて育てたフルーツや野菜、チーズなどのお買い物が出品されるとのこと。ジャムやドライフルーツなどもあるので、お土産探しにも良さそうです。 また、夜 20:00 からはケーブルカー乗り場の裏にある、ちいさな屋外の円形劇場で合唱のコンサートも開かれるそうです。入場無料。この 2 日間は、ケーブルカーも夜 23:00 まで運行されるそうなので、遅めの時間でも心配ありません。治安もとてもよく、地元住民の中には鍵もかけていない人がいるくらいなので、山の上で素敵な合唱を楽しんでから帰っても大丈夫。 ぜひゆっくりした時間を楽しんできてくださいね!

グンドリッチ広場: Gundulic Square

Index グンドリッチ広場: 概要 イヴァン・グンドリッチ グンドリッチ広場:概要 グンドリッチ広場は、オド・プチャ通り(Ulica od Puča)の東側の端にある広場。もともとは広場ではなく、建物が並んでいたそうですが、1667 年のドゥブロヴニク大地震で建物が倒壊したのを機に、今のような姿となりました。 現在のグンドリッチ広場は、中央に立つ詩人イヴァン・グンドリッチ像、広くテラス席を広げる数々のレストラン、そして午前中開かれる市場で知られています。 グンドリッチ像の背後には聖イグナチオ教会、そしておすすめ絶景ポイントであるブジャ・バーに続く階段。この階段は、世界中で爆発的な人気を誇るエピックファンタジードラマ、Game of Thrones に何度も登場するロケ地(※リンクをクリックすると Amazon の Game of Thrones DVD のページが開きます。原書もおすすめ!)。Game of Thrones ツアーでも絶対にくる場所です。 グンドリッチ像の右斜め後ろあたりには Konzum という、クロアチア中にあるチェーンのスーパー(ここの店舗はとても小さく、生鮮品をちょっと置いてあるコンビニくらいの雰囲気です)があり、お土産を買うにも便利。Konzum の脇にはアマーリングの噴水(Amerling Fountain)という小さな噴水があり、この水もオノフリオの噴水: Onophrian Fountainと同様、飲用可能です。 Index に戻る イヴァン・グンドリッチ イヴァン・グンドリッチは、共和国時代のドゥブロヴニクで 1589 年に生を受けた詩人・政治家。バロック調全盛期のクロアチア詩人の中でも特に優れた傑作をいくつも残しています。 グンドリッチ家はドゥブロヴニクでよく知られた名家で、政治家、外交官として活躍した父フランチェスコのもとで、イヴァン・グンドリッチも若い頃から頭角を現しました。ドゥブロヴニク評議会に初選出されたのはなんとイヴァンが 19 歳の時のこと。その後も何度も大、小両方の評議会議員となり、ドゥブロヴニクに隣接するコナヴレ地区の総督職も 2 度にわたって務めました。 政の傍ら、初めての詩集を出版したのはイヴァンが 32 歳の時のこと。代表作にはドゥブロヴニク共和国の栄華を豊かな表現で謳いあげる「Dubravka(ドゥブラヴカ)」、ヨーロッパ対トルコの対立を通して東と西の二つの世界、そして自由と隷属の対立を描いた「Osman(オスマン)」などがあります。 広場の中央に立つイヴァン・グンドリッチ像の足元は、彼の詩の世界を代表するモチーフであるドゥブロヴニク共和国とその自由(玉座に座った姿で描かれる女性像)、そしてドゥブロヴニク共和国の繁栄を脅かすオスマン帝国(玉座に噛みつく竜)、ヴェネツィア共和国(玉座の下の敷物を噛むライオン)のレリーフで飾られています。 Index に戻る

1 4

Copyrighted Image