ドゥブロヴニク郊外のローカル路線バス: ドゥブロヴニク – ストン

ドゥブロヴニク市外、西に向かう路線は、グルージュの長距離バスターミナルを起点・終点として、ザトン、トゥルステノ、マリストン、ストンなどの各都市とドゥブロヴニクをつないでいます。

ルート沿いに、日帰りで楽しめる素敵な場所がいっぱい。この記事では、そんなドゥブロヴニク西側の路線バスについてまとめます。

Read more

ドゥブロヴニク郊外のローカル路線バス: ツァヴタット – ドゥブロヴニク

ドゥブロヴニク周辺には、独特の魅力にあふれる小さな町や集落、雄大な自然が広がっています。

今回は、ドゥブロヴニクの東側。クロアチア最南端の自治体、ドゥブロヴニクを支える農業地域であるコナヴレ、そしてコナヴレ最大の街である風光明媚なツァヴタットに向かう路線バスを紹介します。

Read more

旅をもっとお得に: ドゥブロヴニク・カード 2017 年版

ドゥブロヴニクカードは、ドゥブロヴニクの主要アトラクションの入場券をひとまとめにし、バス乗車券とガイドブックをおまけにつけたもの。

この記事では、ドゥブロヴニク・カードの特典と、活用方法についてまとめます。

Read more

クロアチア語会話 4: さようなら

クロアチア語会話シリーズでは、旅行時に使えるちょっとしたクロアチア語フレーズをご紹介します。第 3 回目は「さようなら」です。 ぜひ、旅行中に地元の人と会話する機会があったら、別れ際に使ってみてくださいね!

Read more

クロアチア語会話 3: あけましておめでとうございます & お祝いの表現

クロアチア語会話シリーズでは、旅行時に使えるちょっとしたクロアチア語フレーズをご紹介します。

第 4 回目の今回は「あけましておめでとうございます」を始め、主なお祝いの表現を取り上げます。

Read more

ドゥブロヴニクの治安、安全に関する情報

バルカン半島は、1990 年代の戦乱、および近年の移民問題の影響で治安が悪いイメージが強いようです。しかし、現在のドゥブロヴニクはというと、実は非常に治安がよいことで知られています。
この記事では、そんなドゥブロヴニクの治安と安全に関する情報をまとめます。

Read more

ドゥブロヴニク港 & 長距離バスターミナル – 旧市街のアクセス

ドゥブロヴニクには鉄道が通っておらず、大型船の寄港できる港からも、空港からもそれなりに距離があるため、旧市街へのアクセスは実質的には自家用車、またはバスに限られます。

この記事では、長距離バス利用者も、クルーズ船、フェリー利用者も利用する

Read more

クロアチア: 概要と歴史

クロアチアは、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する共和制国家。国土はとても特徴的な、馬の蹄のような形をしています。

この記事では、この EU の一番新しい加盟国、古い歴史を持ち、風光明媚で世界中の観光客似合いされる国、クロアチアの概要をご紹介します。

Read more

ドゥブロヴニクについて知っておきたいこと: Top 10

美しい旧市街、美しい海と山、ジブリ作品のモデル…。外見の美しさに注目されがちなドゥブロヴニク、実はとってもユニークな場所。例えば、中世には都市国家として 500 年近く独立していたり。実在の 007 のモデルと縁が深かったり!
今回は、そんなドゥブロヴニクの知られざる秘密、Top 10 をご紹介します!

Read more

​ ストン & マリストンの見どころ:What to see in Ston & Mali Ston

ストンはペリエシャツ(Plješac)半島の都市で、ドゥブロヴニクからは距離にして 60 km 程度、郊外行き路線バスで約 1 時間ほど行ったところにあります。マリストンは「小さいストン」を意味するとても小さな居住地で、ペリエシャツ半島を挟んでストン(「大きいストン」という意味のヴェリキ・ストンと呼ばれることもあります)の反対側にあり、ストンと城壁によってつながれています。 ヨーロッパで 2 番目に長い五角形の城壁、ヨーロッパ最古の塩田、そして何よりもクロアチア随一の牡蠣の産地として知られるストン&マリストンは、過度な観光地化の進んでいない、歴史ある小さな地方都市。ドゥブロヴニクから路線バスでの日帰りもできるので、興味があったら是非足を伸ばしてみてください。 【Index 】 ストンの牡蠣:概要 ヨーロッパ最古(?): ストンの塩田 ヨーロッパで 2 番目の長さ: ストンの城壁 イベント情報 ストンの牡蠣:概要

Read more

Copyrighted Image