ヨーロッパ

2/4ページ

【レビュー】アパートメント・ラニィ: Apartment Lanii

アパートメント・ラニィは、ドゥブロヴニク旧市街内のレストラン通り、プリイェコ通り(Prijeko Ulica)からすぐのところにあるアパートメント(民泊の 1 種)。複数の建物に分かれて数部屋あるそうですが、いずれも、同系列のレストラン・ラニィと同じテイストでまとめられ、モダンとクラシックが程よくミックスされた居心地良い空間になっています。 今回は、ロケーションも抜群、居心地もよかったアパートメント・ラニィについてご紹介します。割引情報あり!

【レビュー】リニューアルオープン!ヒルトン・インペリアル・ドゥブロヴニク: Hotel Hilton Imperial

ドゥブロヴニクの近代ツーリズム発祥の地とも言われるインペリアル・ホテルを前身とする、由緒あるヒルトン・インペリアル・ドゥブロヴニク。2018 年 4 月、数ヶ月に及ぶリノベーションを終えてリニューアルオープンしました! 今回、早速宿泊してきましたので、改めて宿泊体験レビューをご紹介します。

Du Motion: ランナーズ・デイズ・ドゥブロヴニク → 城壁でのマラソン大会!

今年も、毎年恒例の「Du Motion(ドゥ・モーション)」、ドゥブロヴニク城壁マラソン改、ランナーの日 in ドゥブロヴニクの季節がやって来ました。2018 年は 4/28、4/29 の 2 日間に渡って、旧市街内外、および旧市街をぐるっと取り囲む城壁で、ハーフマラソン、城壁ラン、キッズのかけっこ競争など、各種のランニング大会が行われます。 毎年盛り上がりを増す楽しいイベントですが、当日はドゥブロヴニクの周辺で交通規制が行われるため、移動には注意が必要。今回は、Du Motion の内容と楽しみ方、そして注意事項をご紹介します。

ドゥブロヴニク観光の味方! ドゥブロヴニク・カード 2018 年版

ドゥブロヴニクカードは、ドゥブロヴニク観光の強い味方にもなるお得アイテム。城壁を始めとするドゥブロヴニク観光名所数カ所の入場券として使うことができ、さらに、市内を走る路線バスの乗車券とガイドブックがおまけについてきます。さらに、提示すれば市内各所で割引も受けられる! 今回は、そんなドゥブロヴニク・カード 2018 年版の内容をご案内します。

大寒波襲来: ドゥブロヴニクでも雪が降っています!

現在、北極圏から流れ込む冷たい空気により、クロアチアは大寒波に見舞われています。 ついに、ドゥブロヴニクでも雪がふりはじめました!「雪!!珍しい!」と騒ぎになった去年に続き、なんと 2 年連続の降雪です。

ソべ、アパルトマン、ヴィラ etc: 民泊先進国クロアチアで民泊を体験する

クロアチアは、430 万人ほどの人口に対し、年間、なんと人口の 4 倍近い 1660 万人もの観光客が訪れる観光大国。もちろん、宿泊場所の確保、ルールの整備は国家政策レベルの重要課題です。 そんなクロアチアはヨーロッパ屈指の民泊先進国。民泊に関する法律も早くから整備され、今ではホテルと並んで、重要な宿泊設備として、GDP の 20% に迫る観光業を支えています。今回は、そんなクロアチアの…

ドゥブロヴニクの城壁

ドブロブニクといえば、「アドリア海の真珠」というニックネームの元にもなった、旧市街をぐるっと取り囲む中世の城壁がよく知られています。城壁の上は歩くこともでき、ドゥブロヴニク訪問時に欠かせないアクティビティの一つにもなっています。 今回は、ドゥブロヴニクを代表する建築、城壁について、詳しくご紹介します!

【ツァヴタット】ヴラホ・ブコヴァッツの家: Kuća Bukovac

「ヴラホ・ブコヴァッツの家」は、クロアチアを代表する画家、ヴラホ・ブコヴァッツの住居を美術館とし、一般公開している場所。 当時のまま残されたかわいらしい内装、明るい日差しの差し込むアトリエ、手を伸ばせば触れられそうな距離にある展示品など、19 世紀後半から 20 世紀初頭の、愛情あふれる家族の生活、ここで暮らした偉大な画家の息遣いすら感じられるような、上質な時間と空間を味わうことができる、とても素敵な美術館です。

ロヴリェナツ要塞: Fortress Lovrjenac

ロヴリェナツ要塞(※英語では聖ローレンス要塞)は、ドゥブロヴニク旧市街の西側、小さな入り江を挟んでそびえたつ岩の上に建てられた要塞。絶景ポイントでもあり、削ぎ落とされた美しさがあり、様々な映像作品やパフォーマンスの舞台としても利用されています。 今回の記事では、このロヴリイェナツ要塞についてのエピソードをご紹介します。

1 2 4

Copyrighted Image