マラソン

Du Motion: ランナーズ・デイズ・ドゥブロヴニク → 城壁でのマラソン大会!

今年も、毎年恒例の「Du Motion(ドゥ・モーション)」、ドゥブロヴニク城壁マラソン改、ランナーの日 in ドゥブロヴニクの季節がやって来ました。2018 年は 4/28、4/29 の 2 日間に渡って、旧市街内外、および旧市街をぐるっと取り囲む城壁で、ハーフマラソン、城壁ラン、キッズのかけっこ競争など、各種のランニング大会が行われます。 毎年盛り上がりを増す楽しいイベントですが、当日はドゥブロヴニクの周辺で交通規制が行われるため、移動には注意が必要。今回は、Du Motion の内容と楽しみ方、そして注意事項をご紹介します。

ドゥブロヴニク城壁ラン、登録受付開始

2017 年の Du Motion – Dubrovnik Runner’s Days(ドゥ・モーション – ドゥブロヴニク・ランナーズ・デイズ)、ドゥブロヴニクの城壁を走るマラソン大会の申し込みの受付が始まりました。 Du Motion は今回で 3 回目、2017 年は 4 月 29 日および 30 日の 2 日間にわたって開催されます。21.2 km のハーフマラソンからストラドゥン(プラツァ通り)での子ども達のかけっこまで、4 種類のレースが予定されており、参加ランナーは合計で 3000 人超。見学者も含めると、40 ヶ国以上から 6000 人を超えるビジターを集める一大イベントです。 レースは次の 4 種類です。 ドゥブロヴニクハーフマラソン 開催日: 2017/4/30 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) 制限時間: 3 時間 コース(21.1 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ ドミニコ会修道院 → プロチェ門 →  城壁外を回ってピレ門側へ → ドゥブロヴニク港 → ドゥブロヴニク川沿いを上流へ → 対岸のロジャット(Rožat)で折り返し → ピレ門からドゥブロヴニク旧市街に入ってゴール 城壁ラン ※100 名限定 開催日: 2017/4/29 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) コース(2.5 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ 城壁 → ストラドゥン(プラツァ通り) チャリティ・レース 開催日: 2017/4/30 時間: 未定 出発・ゴール地点: ストラドゥン(プラツァ通り) 制限時間: 3 時間 コース(21.1 km): ストラドゥン(プラツァ通り)→ ドミニコ会修道院 → プロチェ門 →  城壁外を回ってピレ門側へ → ドゥブロヴニク港手前で折り返し → ピレ門からドゥブロヴニク旧市街に入ってゴール キッズ・デイ 開催日: 2017/4/29 時間: 未定 コース: ストラドゥン(プラツァ通り) 詳しくは Du Motion の公式サイトをご覧ください(英語)。参加申し込みはこちらです。

5 月 – ストン城壁マラソン

今年も、ストン城壁マラソンの季節がやってきました。開催は今年が 9 回目、中世に建設された歴史的建造物であり、都市防衛のために築かれた城壁としてはヨーロッパ最長のストンの城壁を舞台とする、ユニークなイベントです。 この時は、普段はペリエシャツ半島の深い緑に抱かれ、先史時代から続く雄大な歴史を受け継いでひっそりと静かに佇むストンの街に、世界中から健脚に自信のあるアスリートが集まります。 ストンの城壁は、真ん中が背骨のように盛り上がったペリエシャツ半島を横断し、両脇にあるストンとマリストンの二都市をつないでいるため、全体が山の斜面に作られるという特殊な城壁です。ストンにある、ヨーロッパ最古級の塩田 ー 都市国家としてアドリア海で趨勢を誇ったドゥブロヴニク共和国の富を生み出した塩田を守ることを主目的として建造されました。 城壁の上からはストンの街と塩田、牡蠣の養殖でヨーロッパの食通に知られた存在である風光明媚なマリストン湾の眺めは最高ですが、傾斜はとてもきついです。そして場所によっては人がすれ違うのが難しいくらいの幅しかありません。歩いて登るのも休み休みになるところ、なんとここでマラソンをしてしまおうというのですから、それは大変なこと。一生に一度の経験になること間違いなしです。経験者によると、きついが、その分マラソン後の牡蠣とムール貝、特産のワインは格別だったとか。 ストンはドゥブロヴニクから公共交通機関(路線バス)で 45 〜 50 分程度、バスの本数は少ないですが簡単にアクセスすることができます。なお、宿泊施設もありますが、なにぶんストン、マリストンは小さい街で数が少ないため、マラソンの時は例年ほぼ満室となります。見学に行くのであれば、ドゥブロヴニクから日帰りがおすすめ。 なお、マラソンに挑戦したい方は、イベントオーガナイザーのサイトに申し込みフォームがありますのでそちらからどうぞ。フォト、ビデオギャラリーもあるので、ご興味があれば是非見てみてくださいね!

Copyrighted Image