ドブロヴニク

8/8ページ

ドゥブロヴニク市内の交通手段

ドゥブロヴニクの旧市街はこぢんまりしており、車両は原則乗入れ禁止。階段も多く、移動は徒歩が基本です。宿泊地が旧市街から離れている場合、旧市街までは路線バスの利用が便利。 今回は旧市街内外を含め、ドゥブロヴニク市、市内全域の交通手段についてまとめます。

クロアチアでインターネットを利用する: 公共無料 Wi-Fi 編

旅先でも、インターネットが全く使えない状態になると、連絡も取れず、ニュースもわからず、なかなか厳しいもの。クロアチアでは、レストランやカフェ、ホテルの多くで公共の Wi-Fi が利用できます。 今回は、クロアチアで利用できる公共 Wi-Fi の例、および注意点をご紹介します。

ローカル市場でのお買い物

ドゥブロヴニク周辺にはいくつかローカルの市場があります。地元で取れた生鮮食品やはちみつ、オリーブオイル、乳製品などを入手するには、地元の人にも愛されているこういった市場に行くのが一番! 今回は、ドゥブロヴニク滞在中に楽しめる市場についてご紹介します。

​ 旧総督邸/歴史文化博物館: Rector’s Palace

かつては独立国家だったドゥブロヴニク。中世、ドゥブロヴニク共和国の旧総督邸だったこの建物、現在では歴史文化博物館として一般公開されています。大国に挟まれながら、数百年にわたって自治を守った自由主義国家の行政の秘密がここにあります。 この記事では、知識をつけてから見ると相当おもしろい、ドゥブロヴニクの旧総督邸についてご紹介します。

ホテル・エクセルシオール

ホテル・エクセルシオールは、ドゥブロヴニク旧市街を東側のプロチェ門から城壁外に出て、徒歩 5 〜 10 分程度のところにある、TripAdvisor で Traveler's Choice Award を受賞している五つ星ホテルです。 今回の記事は、リゾートホテルの快適さを堪能しつつ、ドゥブロヴニク観光を優雅に過ごすには最適のロケーションにあるホテル・エクセルシオールをご紹介します。

ドゥブロヴニク・ミュージアム共通チケット

ドゥブロヴニクにいくつかある博物館や美術館。ドゥブロヴニク・カードを購入すると、これらの施設に入場できるようになることは比較的よく知られていますが、実は、ドゥブロヴニク・カード以外の共通チケットでも全て周ることができます。 今回は、人によってはこちらの方がお得になる、美術館・博物館の共通チケットについてご紹介します。

オノフリオの噴水: Onophrian Fountain 【ドゥブロヴニク旧市街】

ドゥブロブニク旧市街に足を踏み入れて、まず目に入るのがこのオノフリオの大噴水。 「噴水」という名前からのイメージとは大きく異なり、ドーム型の建物の周囲に複数の蛇口がつき、水がチョロチョロとかけ流しになっているという、一風変わった噴水です。 この記事では、このオノフリオの噴水に関するエピソードをご紹介します。

【レビュー】 ドゥブロヴニク旧市街: スンツェ・パレス・アパートメンツ(Sunce Palace Apartments)

民泊最先端国家、クロアチア。でも、民泊は未経験で…という方に、実際に宿泊して気に入ったところだけをレビューとしてご紹介します。 今回は旧市街のど真ん中にある、クラシカルで素敵なアパートメント、スンツェ・パレス・アパートメントの宿泊レビューです!

1 8

Copyrighted Image