​ ドゥルチッチ・マスレ・プリティカ ギャラリー: Gallery Dulčić Masle Pulitika

旧港のすぐそばにある小さなギャラリー、ドゥルチッチ・マスレ・プリティカ ギャラリーでは、ドゥブロヴニクを代表する画家であるイヴォ・ドゥルチッチ、アントゥン・マスレ、ジュロ・プリティカの 3 人の作品が展示されています。

この記事では、この魅力的な小さな空間、ドゥルチッチ・マスレ・プリティカ・ギャラリーについてご紹介します。

Read more

ドゥブロヴニク・アート・ギャラリー(ドゥブロヴニク現代美術館): The Museum of Modern Art Dubrovnik

プロチェ門からドゥブロヴニク旧市街を出て、バニェビーチを右手に上り坂を少し登っていくと、左手に美しい邸宅があります。これがドゥブロヴニク・アート・ギャラリー、またの名をドゥブロヴニク現代美術館です。 こちらの建物、もともとは海運で財をなしたボジョ・ボナツ氏がクロアチアの著名な建築家に作らせた個人宅だったそうで、今はドゥブロヴニク市により美術館として使用されています。収蔵品だけでなく建築の美しさも見どころの一つです。 展示物はクロアチア、特に地元ダルマチア地方を代表する芸術家の絵画が中心ですが、外のテラスには彫刻も展示されています。また、当時の部屋がそのまま保管され、展示されているスペースもあります。 小規模な美術館ですが、ツァヴタット出身のヴラホ・ブコヴァッツのコレクションは一見の価値あり。写実的な人物画を中心とする作品を多く残しています。日本では(というかクロアチア以外では)あまり知られていない画家かもしれませんが、鋭い観察眼と豊かな表現力を持ち、素晴らしい作品を多く残した、クロアチアの誇る巨匠です。ツァヴタットに彼の住んでいた家が残っており、こちらも美術館になっています。 余談ですが、ブコヴァッツの絵にも登場するブコヴァッツのお嬢さん、のちに画家になられたそうで、お嬢さんの作品もここに展示されています。…が、生粋の地元っ子だという係員さんによると、「別に悪くはないけど、お父さんはやっぱり別格」とのことでした。 さて、こちらのアート・ギャラリー、実は知る人ぞ知る絶景スポットでもあります。 2 階にテラスへの出入り口がありますので、そちらからテラスに出てみてください。出入り口が閉まっている場合は、係員さんにお願いすれば開けてもらえます。特に 3 階テラスからの眺めは素晴らしく、これだけのために足を運ぶ価値があるくらいです。 テラスからそのまま入り口外の中庭(ここにも彫刻があります)に降りることができますので、お帰りの際はそちらからどうぞ。荷物を入り口のロッカーに預けた場合は、ここから一度入り直し、荷物を取り出しても大丈夫です。 【入場料金について】 ミュージアム共通チケット(大人 100 Kn)またはドゥブロヴニク・カード(1 日券: 150 Kn)で入場することができます。

Read more

ドゥブロヴニクへのアクセス

ドゥブロヴニクへは、空路、陸路、海路でのアクセスが可能です。鉄道はありませんが、多くの長距離バスがドゥブロヴニクを経由するため、クロアチア国内、または周辺地域まで飛んでから陸路で…など、アクセス方法は様々。

この記事では、ドゥブロヴニクへの代表的なアクセス方法についてご紹介します。

Read more

インターネット接続: 現地 SIM カードを利用する

海外旅行中でも、スマートフォンをいつも通りに使えたらいいと思いませんか?

SIM カードロックのかかっていないスマートフォン、またはモバイルルータをお持ちであれば、プリペイドの SIM カードを購入して使うと断然便利でお得!この記事では、クロアチアでのプリペイド SIM カードの購入方法と使用方法をご紹介します。

Read more

ホテル クロアチア: Hotel Croatia

ホテル・クロアチアは、ドゥブロヴニクから車で 40 分ほど、ツァヴタットという小さな街にある大型リゾートホテル。

ヨーロッパの旅行雑誌で特集が組まれたこともあり、リピーターも多い魅力的な街ツァヴタットは、ドゥブロヴニクのように混雑せず、お値段も控えめ。石造りの旧市街、美しいアドリア海、ディナル・アルプス山脈を一度に堪能でき、おしゃれでおいしいバーやレストランもある、とてもおすすめの滞在地です。

今回は、そんなツァヴタットにあって、ドゥブロヴニク観光のベースとしても利用できるホテル・クロアチアをご紹介します。

Read more

宿泊体験レビュー: ベッド & ブレックファースト アンディオ: Bed&Breakfast Andio

ベッド & ブレックファースト アンディオ(Bed&Breakfast Andio)は、旧市街のど真ん中にあるベッド&ブレックファスト。ユニークな内装と心のこもった朝ごはん、ロケーションが魅力の素敵なお宿です。

今回は、宿泊レビューを交えて、ベッド & ブレックファースト アンディオ(Bed&Breakfast Andio)をご紹介します。

Read more

ドゥブロヴニク: 概要

年間 1660 万人、なんと人口の 4 倍近い観光客が訪れる観光大国クロアチア。そんなクロアチアの中でも、トップクラスの観光地なのがドゥブロヴニクです。

こちらの記事では、そんなドゥブロヴニクがどんな都市なのか、概要をまとめます。

Read more

ドゥブロヴニク自然史博物館: Dubrovnik Natural History Museum

ドゥブロヴニクの旧市街、路地の奥にひっそりと隠れている自然史博物館。ドゥブロヴニク・カードで入場できるこの博物館、「博物館」を期待して見にいくと、おそらくその期待は裏切られることになるでしょう。

ドゥブロヴニクにはいくつか、よくわからない公共施設があるのですが、ここは間違いなくその一つ。今回は、個人的にはマリン・ドゥルジッチの家に続く謎施設と思う、ドゥブロヴニク自然史博物館についてご紹介します。

Read more

マリン・ドゥルジッチの家: House of Marin Držić

中世において、独立国家として、卓越した外交力と莫大な富を武器に、驚異的な文化的・政治・経済的発展を遂げたドゥブロヴニク共和国。

クロアチアが誇る詩人/劇作家、マリン・ドゥルジッチが活躍したのも、まさにこの時代。今回は、このマリン・ドゥルジッチを記念して作られた博物館、「マリン・ドゥルジッチの家」をご紹介します。

Read more

クロアチアの言語

「クロアチアが好きでしょっちゅう行っている」と言うと、決まって聞かれることの一つが「え、クロアチア?クロアチアって何語しゃべるの?」というもの。 はい、クロアチア語です!

…だけではあまりにつまらないので、今回は、クロアチアの言葉についてご紹介します。

Read more

Copyrighted Image