2017 年 ドゥブロヴニク ⇔ エラフィティ諸島: フェリースケジュール

紺碧のアドリア海に点々と大小の島々が連なるエラフィティ諸島。ドゥブロヴニクからフェリーに乗って日帰りで行ける、人気観光スポットの一つです。

この記事では、2017 年のドゥブロヴニク – シパン島間のフェリー(カーフェリーおよび乗客のみのフェリー)のスケジュールをまとめます。

Read more

ペリェシャツ半島のワイン: Wines in Pelješac Peninsla

ペリェシャツ半島は、ドゥブロヴニクから車で約 1 時間ほどの場所にある自然豊かな半島。まだ観光地化もさほど進んでおらず、クロアチア海岸沿いのダルマチア地方の地方都市ののどかな魅力をギュッと濃厚に味わうことができます。

今回は、そんなペリェシャツ半島の魅力の一つ、ワインについてご紹介します。

Read more

独立紛争の爪痕 vol. 1: ホテル・ベルヴェデレ

「アドリア海の真珠」「この世の天国」と讃えられ、ヨーロッパを中心に、世界から年間 200 万人もの観光客が訪れるドゥブロヴニク。 人口 4 万人強の都市としては破格の大成功を収めるこの美しい都市は、わずか 25 年前、世界遺産である旧市街も含め、クロアチア独立戦争の激戦地の一つでした。

Read more

歴史好きにおすすめ: コナヴレでの遺跡めぐり

ドゥブロヴニク近郊の都市、ツァヴタットとその周辺地域は、非常に古くから人が住んでいた地域。観光地化されておらず、普通の観光客が行かないような、時に忘れ去られたレアでリアルな遺跡がごろごろしています。

歴史に興味のある方は、ドゥブロヴニク訪問ついでに、こういった遺跡まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Read more

The Top 10:ツァヴタット&コナヴレを訪れるべき 10 の理由

ツァヴタットは、ドゥブロヴニク旧市街から 15 km 程度、車で 30 分ほどの距離にある小さな町。ドゥブロヴニク旧港から、アドリア海を挟んで小さく見えるツァヴタット、徐々に人気が高まりつつあり、最近ではヨーロッパの旅行雑誌のランキングで見かけることも多くなってきました。 さて、そんなツァヴタットのある行政区、コナヴレは、農業が盛んで自然がいっぱい。観光地化はさほど進んでおらず、リアルなクロアチアの農村と自然を体験できるおすすめの場所です。ドゥブロヴニク観光の日程に余裕があれば、ぜひ訪れたいツァヴタット&コナヴレの魅力、Top 10 をカウントダウン!

Read more

トゥルステノ樹木園: Arboretum Trsteno

トゥルステノ樹木園(アルボレタム・トゥルステノ: Arboretum Trsteno)は、ドゥブロヴニク市郊外にある樹木園。15 世紀、地元の有力者によって作られたこの美しい庭園では、世界から蒐集された珍しい植物に加え、眼下に広がるアドリア海の絶景を楽しむことができます。 Index トゥルステノ樹木園の歴史 トゥルステノ樹木園の見どころ Game of Thrones ロケ地 アクセス トゥルステノ樹木園の歴史 トゥルステノ樹木園は、ドゥブロヴニクから北西に約 25 km ほど離れたところにある小さな町、トゥルステノにあります。このトゥルステノはもともと漁師町。良港に恵まれ、ドゥブロヴニクが海運業で発展した時代には、世界を旅する貿易船の寄港地となりました。 さて、ドゥブロヴニク共和国が繁栄を極めた 14 〜

Read more

ヴラホ・ブコヴァッツの家: Kuća Bukovac

「ヴラホ・ブコヴァッツの家(Kuća Bukovac、クチャ・ブコヴァッツ)」は、クロアチアが誇るツァヴタット出身の画家、ヴラホ・ブコヴァッツの住居を保存、作品を含めて展示している小規模な美術館です。 美術館の知名度があまり高くないため訪れる人は少ないですが、日程に余裕があるなら是非。この美術館では、当時のまま残されたかわいらしい内装、明るい日差しの差し込むアトリエ、手を伸ばせば触れることもできる距離にある展示品など、19 世紀後半から 20 世紀初頭の愛情あふれる家族の生活、ともすればここで暮らした偉大な画家の息遣いすら感じられるような、上質な時間と空間を味わうことができます。 ヴラホ・ブコヴァッツの家 公式ページ(英語&クロアチア語) → Kuća Bukovac 【Index 】 ヴラホ・ブコヴァッツとは ヴラホ・ブコヴァッツの家: 美術館について アクセス ヴラホ・ブコヴァッツとは クロアチアが誇る画家、ヴラホ・ブコヴァッツは、1855 年

Read more

ストンの塩: Stonska sol

ドゥブロヴニクから車で 1 時間ほど西へ行ったところにある小さな街、ストン。食通をうならせる牡蠣、切り立った山肌にそびえ立つ長大な城壁で知られるストンは、ローマ時代から続く天日塩づくりでも知られています。

今回は、このストンの天日塩についてご紹介します。

Read more

​ エラフィティ諸島 – シパン島、ロプド島、コロチェップ島: Elafiti Islands – Šipan, Lopud, Koločep

ドゥブロヴニク周辺には、日帰りで行ける観光スポットがたくさんあります。フェリーでアクセスできるエラフィティ諸島も、人気の日帰り観光スポットの一つ。もちろん、大きな島々には宿泊施設もあるので、島での休日をゆったり楽しむこともできます。

この記事では、そんなエラフィティ諸島についてご紹介します。

Read more

ストンの城壁: Walls of Ston

ドゥブロヴニクから車で 1 時間ほど西に行ったところに、ワインの産地として名高いペリェシャツ半島があります。ストンは、このペリェシャツ半島の入り口にある小さな街。

クロアチアのみならず、ヨーロッパの食通をうならせる牡蠣、ローマ時代から同じ製法で造られる天日塩などで知られるこの街のもう一つの名物が、半島の入り口を横断する長大な城壁。切り立った山肌に、変形五角形、崩れた星のようにも見えるストンの城壁は一見の価値あり。

今回は、このストンの城壁についてご紹介します。

Read more

Copyrighted Image