ロヴリェナツ要塞: Fortress Lovrjenac

ロヴリェナツ要塞(※英語では聖ローレンス要塞)は、ドゥブロヴニク旧市街の西側、小さな入り江を挟んでそびえたつ岩の上に建てられた要塞。城壁の一部が切り離され、ぽつんと独立して建っているような風情から、「ドゥブロヴニクのジブラルタル(※スペインにあるイギリスの飛び地)」と称されることもあるそうです。

今回の記事では、このロヴリイェナツ要塞についてのエピソードをご紹介します。


目次


iStock. by Getty Images ポートフォリオ: marimjx
Instagram – Be my Follower: marimjx


ロヴリェナツ要塞: 概要

ロヴリェナツ要塞は、ドゥブロヴニク旧市街の西側、小さな入り江を挟んでそびえたつ岩の上に建てられた要塞です。

この岩場は、旧市街からやや離れたところにある、37m、およそ 12 階建てのビルほどの高さがあり、陸路、海路いずれもかなり遠くまで一望することができます。したがって、敵の襲来を早期に発見でき、攻撃もしやすい、ドゥブロヴニクの防衛上、非常に優れたポイントにあります。

ただ、防衛上の要であるということは、ここを敵に抑えられてしまうと一気にドゥブロヴニクを攻略されてしまう恐れがある、ということ。そのため、ロヴリイェナツ要塞は、決して敵の手に渡ることがないよう、さまざまな工夫が施されていました。

例えば、壁の厚みにも工夫があります。

ロヴリェナツ要塞は非常に堅牢な作りで、外海に面した側の壁の厚さは、薄いところでも 4 m 、最も厚いところでは 12 m もあります。しかし、これが旧市街側、入り江を挟んだ反対側のボカール要塞に面したところの厚みは、なんと、たった 60 cm しかありません。

ボカール要塞には、ロヴリイェナツ要塞に向けて、何台もの砲台が備えてあります。これが、弱点に向けて一斉攻撃を開始したら、いくら堅牢なロヴリイェナツ要塞といえども、ひとたまりもありません。つまり、乗っ取られた時には、素早くロヴリイェナツ要塞ごと破壊してしまえるようになっているのです。

また、水源についても、外から水道を引くことで、侵入可能な経路が増える事を嫌い、水道は引かれていません。要塞内には巨大な貯水槽がしつらえてあり、大量の雨水が常に蓄えられていました。また、食料庫にも常にふんだんに食糧が備蓄されており、いざ籠城となっても、困ることがないようになっていました。
目次に戻る


lovrjenac

Non Bene Pro Toto Libertas Venditur Auro

ロヴリェナツ要塞に入る時、入り口の上をよく見てみてください。「NON BENE PRO TOTO LIBERTAS VENDITUR AURO」という言葉が刻まれているのが見えるはずです。

こちら、「世界中の黄金をもっても、自由を売り渡すことはない」という意味のラテン語。

激動の中世、オスマン帝国やヴェネツィア共和国といった、当時の世界を代表する強大な国に挟まれた場所にありながら、450 年という長期間にわたって都市国家として独立を堅持したドゥブロヴニクの精神を表す言葉として、今でも地元で大事にされている言葉です。
目次に戻る


Lovrijenac 6
ロヴリェナツ要塞入り口へ続く階段

建造にまつわるエピソード

中世において、ドゥブロヴニク共和国の最大の脅威だったのが、当時のアドリア海の強国、ヴェネツィア共和国。このヴェネツィア共和国は、ドゥブロヴニクを我が物にしようと常に虎視眈々と狙っており、幾度となく、あの手この手でドゥブロヴニクの攻略を狙っていました。

そして時は 11 世紀。ヴェネツィア共和国はこの岩場に目をつけ、兵士を送り込んで秘密裏に要塞を急造することを目論みます。しかし、この計画は事前にドゥブロヴニク側に知られることとなり、ドゥブロヴニク共和国はすぐに対抗するためのアクションをとりました。ヴェネツィア共和国がここに近づく前に、自分達が先に要塞を建設することを決定したのです。

ロヴリェナツ要塞の建設には市民総動員で取り組み、なんと、3 ヶ月という、当時としては驚異的な速度でロヴリェナツ要塞ができあがりました。

建築資材を積みこみ、遠路はるばるドゥブロヴニクまでやってきたあげく、ロヴリェナツ要塞に迎えられたヴェネツィア共和国の驚きはいかばかりだったことでしょう。

なお、ロヴリェナツ要塞は、建造後数回にわたって強化が施されており、最終的に現在の姿となったのは 15 〜 16 世紀ごろのことだそうです。
目次に戻る

Viator

Lovrijenac 2
ドゥブロヴニク城壁からみるロヴリェナツ要塞

司令官の選出に隠された秘密

上述のように、ロヴリェナツ要塞はドゥブロヴニク防衛・攻撃上の要所に建造されており、このポイントを守ることは、ドゥブロヴニクにとって死活問題とも言える重要事項でした。ただ、最大 12 m  もの厚さを誇る壁を持ち、海面からの高さ 37 m の岩の上という天然の難所にあるため、この要塞を外から攻略するのは至難の技。そのため、ドゥブロヴニク共和国は、この要塞を外から攻め落とされることよりも、この要塞につめる兵士、そして司令官が敵方に寝返ってしまうことを何よりも恐れていました。

そして、司令官が敵方に寝返ることを防ぐため、ドゥブロヴニク共和国は一計を案じます。司令官を頻繁に、そして可能な限りランダムに交代させることにしたのです。その頻度がすごい。なんと、司令官の任期はたったの 1 ヶ月。ドゥブロヴニクの貴族のうち、一定の条件を満たす男子の中から、毎月、選挙で司令官を選び出す、という形式をとったのです。

また、こうした工夫をもってしてもロヴリェナツ要塞が敵方の手に落ちた場合に備え、最悪の自体を回避するための体制も整えられていました。

なお、旧総督邸/歴史文化博物館: Rector’s Palace のページにも記載した通り、ドゥブロヴニクでは、総督も、1 ヶ月交代で選挙により選出することで権力の集中を防ぐ形をとっていました。このような仕組みを作り、厳守したことが 450 年の独立という偉業につながったのでしょうが、それにしても大変な手間をかけたものです。

目次に戻る


Got_Guide
鎧を着てがんばるガイドのフィリップさん。重いのにえらい…。完全に好奇心で近づいて話しかけましたが、とても気さくに応じてくれた、おもてなしの心満載の素敵なお兄さんです

ロケ地、イベント開催地としてのロヴリェナツ要塞

ロヴリェナツ要塞はゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones、略して GoT。リンクをクリックすると Wikipedia のページがひらきます)という、アメリカをはじめ世界中で大人気のドラマのロケ地として使用されています。

ドゥブロヴニクは、GoT 世界の国 Westeros(ウェステロス)の首都にあたる King’s Landing(キングス・ランディング)という都市、および他の複数の都市のロケ地となっていて、かなり大掛かりな撮影が数年に渡って行われました。GoT ロケ地巡礼のために訪れる観光客も非常に多く、現地ではロケ地を巡る GoT ツアーもたくさんあります。

中には、ガイドさんが鎧を着て案内してくれるものも…。炎天下で 20 kg 近い鎧を着て、数時間も歩き回るのは相当たいへんだと思うのですが、お客さんが喜んでくれるなら、ということでがんばっているそうです。

ピレ門の外に地元の旅行会社がたくさん予約デスクを出していますが、そのうちのアドベンチャー・ドゥブロヴニク(Adventure Dubrovnik)さん(※クリックすると TripAdvisor (トリップアドバイザー)のページがひらきます)のツアーです。ドゥブロヴニクで最初にカヤックツアーを始めた会社だそうで、近づくとまず「カヤックいかが?」と聞かれますが、GoT ツアーに興味がある場合は「Game of Thrones tour?」とでも聞きましょう。とはいえカヤックもおすすめです。

GoT ファンの方はぜひにお勧めします。詳しく情報が欲しい方、直接問い合わせてもいいですし、興味あるけど英語が不安…といったお悩みがあれば、ちょっとした内容だったら代わりに聞いてくるのでお知らせください。この記事の下に問い合わせフォームをつけておくので、そちらまたはコメントからどうぞ。

原作の本も面白い(というより、原作の方がずっと面白い)ので、中世ヨーロッパを彷彿とさせるエピックファンタジーに興味のある方はぜひ読んでみてください。自分は英語の Kindle 版をまとめ買いして読んでいます(※リンクをクリックすると Amazon のページがひらきます)。まとめ買いはかなりお得。

また、GoT 以外では、ドゥブロヴニク・サマー・フェスティバルの一環として行われる演劇のステージとしても使われます。なかでも、ここで演じられるシェイクスピアの「ハムレット」は数十年にわたって繰り返し上演されている人気演目。2017 年は、8/20 〜 8/24 にかけて、同じくシェイクスピアの「オセロー」が上演予定です。クロアチアの若手の俳優さんが中心に演じられるようで、なかなか面白そうです。

probe_007
リハーサル風景 – Image Credit: Dubrovnik Summer Festival

また、これ以外にも、ロヴリェナツ要塞は各種イベントの開催地として利用されることがあります。なんと、こちらで結婚式をあげることも可能!いくつかの現地ブライダルエージェントがロヴリェナツ要塞での結婚式プランを提供しています。

ドゥブロヴニクはヨーロッパ有数のロマンティックな都市と言われているため、ドゥブロヴニクでの結婚式はとても人気があります。クロアチアはお役所の手続きがかなり煩雑なため、外国人がドゥブロヴニクで結婚式を挙げたい場合は、法律上効力のある本物の結婚式をあげるのではなく、実際の結婚の手続きは自国で行い、クロアチアでは Symbolic Marriage(シンボリック・マリッジ)または Blessing Ceremony(ブレッスィング・セレモニー)といわれる、役所での手続きをカットし、挙式の部分だけを行うケースが多いです。結婚式はそもそも一生の思い出になるものですが、こんなロケーションでの結婚式となると、さらに素敵な記念になりそうですね!

目次に戻る


Kolorina 2
コロリナからロヴリェナツ要塞を見上げる

アクセスと入場料について

ロヴリェナツ要塞にアクセスするためには、一度ピレ門下にある入り江まで降り、そこから階段を上っていくことになります。ピレ門の外のテラスのようになった場所に、有名なナウティカ(Nautika)というレストランがあります。(※Nautika について詳しくはこちらのページをどうぞ → おすすめレストラン-プレミアム編: Restaurants (High-end)

こちらの裏の陰になったところに、入り江に降りる階段がありますので、そちらを降りて行ってみてください。裏路地のようなところを通り、教会のところで左折すればすぐそこに、ドゥブロヴニクで最も古い港でもある美しい入り江、コロリナ(Kolorina)が見え、その先にロヴリェナツ要塞への階段があります。ちなみに、ここも GoT 撮影のロケ地です。

さて、ロヴリェナツ要塞は、離れて建ってはいますが、ドゥブロヴニクの城壁の一部と考えられているようで、城壁のチケット=ロヴリェナツ要塞のチケットになっています。城壁に行く方、別途チケットを買う必要が無いのでお得です。チケットは捨てずに持っておきましょう。なお、城壁とロヴリェナツ要塞の入場券の有効期限は 1 日のみのため、同日中にご訪問ください。

ロヴリェナツ要塞のみ入りたい方は、30 Kn で入場することができます。こちらも、同日中であれば、城壁のチケット売り場に持っていって見せれば城壁代金から 30 Kn 分引いてくれるそうです。


目次に戻る

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyrighted Image