ストンの城壁: Walls of Ston

ドゥブロヴニクから車で 1 時間ほど西に行ったところに、ワインの産地として名高いペリェシャツ半島があります。ストンは、このペリェシャツ半島の入り口にある小さな街。

クロアチアのみならず、ヨーロッパの食通をうならせる牡蠣、ローマ時代から同じ製法で造られる天日塩などで知られるこの街のもう一つの名物が、半島の入り口を横断する長大な城壁。切り立った山肌に、変形五角形、崩れた星のようにも見えるストンの城壁は一見の価値あり。

今回は、このストンの城壁についてご紹介します。


Index 】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ: marimjx
Instagram – Be my Follower?: Instagram marimjx Instagram

合わせてどうぞ → ペリエシャツ半島の観光情報 & ストン城壁マラソン


概要

ストンの城壁は、ヨーロッパでは 2 番目に長く、世界でも有数の長さを誇る城壁です。建造当時は 7 Km 強あったとのことですが、現存するのは 5.5 Km 程度だそうです。なお、ヨーロッパ最長の壁はイングランド北部にあるハドリアヌスの長城で、2 世紀に建造されたものです。

さて、この城壁は、ストンの街をぐるっと取り囲むいびつな五角形の部分と、ペリエシャツ半島(Pelješac Peninsula)の入り口を横断し、ストンとマリストンの二つの街を連結する長く伸びた線状の部分によって構成されています。城壁全体を巨大な門に見立てるならば、ストンとマリストンはまるでその両端を固める門番のよう。

ペリエシャツ半島は真ん中が背骨のように高く隆起しているため、ストンの街を囲む五角形、そしてマリストンへとつづく長い城壁は緑豊かな急斜面に白く浮き出すように見え、ここにしかない独特な景観を生み出しています。
Index に戻る


ペリエシャツ半島とストンの城壁の歴史

ペリエシャツ半島に人が住むようになったのは、他のダルマチア沿岸部と同様、紀元前の古代ギリシャ時代。その後、紀元前 3 世紀頃からはローマ帝国(イリュリア戦争後はビザンツ帝国)の支配下にに置かれていましたが、7 世紀ごろからからは、スラヴ民族の大移動に伴い、実質的にセルビア系スラヴ人の土地となりました。

ペリエシャツ半島がドゥブロヴニク共和国の一部となったのは 1333 年。ドゥブロヴニク共和国がセルビア王国のウロシュ 3 世からを買い取る形でペリエシャツ半島を獲得しました。

さて、ペリエシャツ半島を戦略上重要な場所と位置付けていたドゥブロヴニク共和国は、ペリエシャツ半島を獲得するとすぐに城壁の建築に着手。18 ヶ月をかけてペリエシャツ半島を横断する長大な壁を作り、ストンとマリストンを防衛拠点として整備しました。戦略的な計画に基づいて都市が人工的に作られた例としては、ストンはヨーロッパで 2 例目、非常に古いケースだそうです。なお、ストンとマリストンを整備する際、原型となったのはドゥブロヴニク旧市街の城壁。そのため、ドゥブロヴニクの要塞とストンの要塞はよく似たつくりになっており、名前も共通のものが使われています。

城壁はその後、塩田の保護のためにさらに拡張され、最終的に城壁とすべての要塞が完成したのは 15 世紀のことです。

ストンの城壁。ここ、なんとマラソンコースです

さて、時代は進んで 19 世紀。ドゥブロヴニク共和国はナポレオン率いるフランス帝国によって滅亡させられてしまいます。これに伴い、ストンの城壁の戦略的重要性も失われることになりました。城壁は直ちに破壊されることはありませんでしたが、売りに出されてしまいます。買い取られてからは、城壁の一部は建築資材扱いとなり、城壁を構成する岩が取り外され、持ち去られ、徐々に破壊されていくこととなりました。

2 度の世界大戦後、クロアチアがユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国の一部となっていた 1952 年、ドゥブロヴニク共和国の歴史的遺産の復興と保全を使命とする「ドゥブロヴニク・アンティークの友( the Society of Friends of Dubrovnik Antiques / Društva prijatelja dubrovačke)」という市民団体が結成されます。そして、この会員であり、初代代表となったルシュカ・ベリティッチ(Lukša Beritić)の熱意により、ストンの城壁は「ドゥブロヴニク・アンティークの友」によって修復されることとなりました。

この団体は、現在では、城壁や要塞などを含むドゥブロヴニク共和国の歴史的遺産の修復、管理、保全等を幅広く実施しています。ストンの城壁の修復は今も継続して行われていますが、この資金の多くがドゥブロヴニクの城壁入場料などで賄われているそうです。
Index に戻る


ストンの城壁の特徴

ストンの城壁には、3 つの要塞、7 つの半円形の稜堡、41 の塔が備わっています。この複雑なフォーメーション、および城壁によって連結されたストン、マリストンの街の規則的な配置から、この城壁が大がかりな防衛システムとして機能するよう、入念に練り上げられた計画の産物であることがよくわかります。
Index に戻る

Viator

アクセス

ドゥブロヴニクからストンへのアクセスはこちら → ドゥブロヴニク路線バスの旅: ストン & マリストン

ストンのバス停から城壁の入り口に行くには、ストンの街を横断して反対側まで行きます。そうすると、ローカルの人向けらしい、舗装されていない駐車場がでてきます。

あたりを見回して、「Stonske Zidine(ストンスケ・ズィディネ: ストンの城壁)」「Ulaz(ウラズ: 入り口)」と言った文字の書かれたサインを探してみてください。入り口近くにお手洗いがあるので、「WC」のサインを探した方がもしかしたらわかりやすいかもしれません。なお、入り口は 2 箇所あり、どちらからでも入れますが、こちらの方がマリストンから見た対極、一番端にあたります。全長しっかり歩きたいならこちらから。

かなり傾斜がきびしく、足元も決してよくはないので、運動靴、トレッキングシューズなどの着用をおすすめします。途中に売店やトイレなどはありません。ルートにもよりますがマリストンまで行くのに、30 〜 40 分、人によっては 1 時間くらいかかるのではないかと思います。


Index に戻る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyrighted Image