ホテル クロアチア: Hotel Croatia

ホテル・クロアチアは、ドゥブロヴニクから車で 40 分ほど、ツァヴタットという小さな街にある大型リゾートホテル。

ヨーロッパの旅行雑誌で特集が組まれたこともあり、リピーターも多い魅力的な街ツァヴタットは、ドゥブロヴニクのように混雑せず、お値段も控えめ。石造りの旧市街、美しいアドリア海、ディナル・アルプス山脈を一度に堪能でき、おしゃれでおいしいバーやレストランもある、とてもおすすめの滞在地です。

今回は、そんなツァヴタットにあって、ドゥブロヴニク観光のベースとしても利用できるホテル・クロアチアをご紹介します。


目次】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx





ホテル・クロアチアおすすめポイント 1: 景色がきれい

ちょうどピースサインのように、2 つの半島が海に突き出した形のツァヴタット。ホテル・クロアチアは、この 2 つの半島のうち、外側にあるススティェパン半島の入り口部分にあります。

外海側のバーエリアやお庭の先、眼下に広がるのは美しいアドリア海!お気にはムルカン島が浮かび、夕暮れ時など、眺めているだけで心が満たされていくような美しさです。

ススティェパン半島と、もう一つのラット半島に挟まれたルカ湾側は、湾を挟んだ向こう側に旧市街のオレンジ屋根があり、いかにもクロアチア沿岸の古都市らしい風情が楽しめます。なお、ルカ湾も水質はとてもよく、ターコイズブルーの水面は美しいの一言。夜になって、旧市街側のシーフロントにオレンジ色の明かりが灯った様子もとてもキレイです。




ホテル・クロアチアおすすめポイント 2: 設備、アクティビティ充実

ホテル・クロアチア、なんといっても大型リゾートホテルなので、スパ、プール(室内、室外両方あります)、サウナ、ジム、レストランに会議場、駐車場まで、一通りの設備が揃っています。また、海がすぐそこなので、シュノーケリング、ダイビング、クルージングといったマリンアクティビティもりだくさん。

なお、外海側は崖なので泳げませんが、ルカ湾側では海で泳ぐこともできます。シーズン中はルカ湾側にビーチバーも設けられ、なかなか気持ちよく過ごせます。
目次に戻る




ホテル・クロアチアおすすめポイント 3: ドゥブロヴニクにすぐ行ける

ツァヴタットからドゥブロヴニクに行くには、路線バス(10 番)、またはボート(中型クルーザー ※シーズン中のみ)を利用します。いずれも 40 〜 50 分程度。料金は、バスなら片道 25 クーナ、ボートなら片道 50 クーナ(往復だと 80 クーナ)くらいです。

どちらに乗っても道中の景色がきれいなので、余裕があれば両方お試しになるといいかと。ボートは 1 時間に 1 本、バスは 30 分に 1 本の間隔で、いずれも利用しやすいです。ボートは 6 時半くらいが最終便なので、もっとドゥブロヴニクでゆっくりしたいという場合は、帰りだけバスにするものおすすめです。
目次に戻る




ホテル・クロアチアおすすめポイント 4: お散歩が楽しい

ススティェパン半島、ラット半島の両方とも、半等をぐるっと廻る遊歩道が設けられています。ちなみに、ススティェパン半等の方は未舗装の石ころ道、ラット半島の方は舗装された道路。いずれも、非常〜にキレイです。

ススティェパン半島の方は(すごく短い)トレッキング気分で。ラット半島の方は、小さなビーチがいくつもあり、起点、終点にはレストランやカフェもあるお散歩気分で。周りの景色に見とれながらゆーっくり歩くと、本当に気持ちがいいです。
目次に戻る




ホテル・クロアチアおすすめポイント 5: ツァヴタット旧市街が徒歩圏内

ツァヴタットの旧市街は、とてもこぢんまりしていて、静かで、かわいらしいです。ウォーターフロントをのぞいてあまり観光地化はされておらず、普通に人の暮らす街らしい(※民泊はありますが)、とても静かな佇まいが味わい深い。

本当に小さな旧市街なのですが、クロアチアの誇る偉大な画家、ヴラホ・ブコヴァッツの住宅を改装した美術館「ヴラホ・ブコヴァッツの家」や、中世に建造された小さな美しい教会がいくつか、そしてドゥブロヴニクの城壁まで見える絶景スポットであり、こちらもクロアチアを代表する彫刻家、イヴァン・メシュトロヴィッチの彫刻で飾られたラチッチ廟のある墓地など、素敵な場所がたくさん。

ルカ湾沿いのシーフロントに集まるカフェやレストランもいい感じ。今っぽいおしゃれなところから、素朴な昔ながらのところまで、数は少ないですが、レベルの高いところが多いです。

ブーゲンヴィラ(Bugenvila)」など、筆者、ドゥブロヴニクに滞在していてもわざわざ食べにくるくらい好き。ちょっと高めですが、料理も雰囲気も申し分ないです。カフェ・バー・アモール(Coffee Bar Amor)などもとってもおしゃれです。

リピーターが多いのも納得、地元にも「ツァヴタットはビューティフル、大好きな場所」という人が非常に多いのも納得の、本当にいい街。この旧市街に気軽に歩いてこられる立地、素敵です!
目次に戻る



レビュー確認用リンク

エクスペディアトリバゴには掲載されていませんでした…。ちょっと意外。
目次に戻る

宿泊カテゴリの最新記事

Copyrighted Image