​ 民俗学博物館 / 旧穀物庫: Rupe Ethnographic Museum / Granary

真ん中の凹んだ谷のような形のドゥブロヴニク旧市街。小高くなった海側の斜面に、ひときわ大きな建物があります。これがドゥブロヴニクの民俗学博物館。もともとは穀物庫として利用されていたため、当時の貯蔵庫跡なども見ることができます。

今回は、伝統的な衣装や工芸品、日常生活で使われていた道具などに加え、幾多の籠城戦を勝ち抜いた中世の都市の叡智も垣間見ることのできる、ドゥブロヴニクの民俗学博物館をご紹介します。


目次】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx


​ 民俗学博物館の展示物

この民俗学博物館の主な展示物は、ドゥブロヴニク周辺およびクロアチアの文化や伝統にまつわる数々の品物や記録等。伝統的な衣装やアクセサリー、生活用品などが中心です。

また、ドゥブロヴニクの守護聖人である聖ヴラホの祭典の様子など、普段見えないドゥブロヴニクの姿が新鮮。要するに、「ドゥブロヴニクにおける郷土博物館」と思うとわかりやすいでしょう。

目を引く展示としては、コナヴレの絹刺繍や伝統的な金のアクセサリー類が挙げられます。

ドゥブロヴニク郊外のコナヴレ地区は、ユーゴスラヴィア紛争/クロアチア独立戦争前まで、絹刺繍が盛んに行われた地域。各家庭伝統の意匠を受け継ぎつつも作り手ごとに違いがあり、衣装をみれば、その人がどの家の人かわかったのだとか。

今ではイベントや、伝統舞踊や歌唱などでしか見かけなくなりましたが、蚕から自分たちが育てた絹を使い、全て手作業で作り上げられる絹の衣装、とても美しいものです。ぜひ、近くによって見て、ディテールを味わってみてくださいね。
目次に戻る


穀物貯蔵庫の跡

高台に建てられた民族博物館、1 階の床にいくつか、井戸のような深〜い穴が掘られています。博物館の名前、「Rupe(ルペ)」は「穴」を意味する言葉。これがその「穴」というわけです。

さて、ドゥブロヴニクは、その歴史の中で数多くの籠城戦を経験してきています。

シティ・ガード、つまり旧市街の治安を守る衛兵を除き、軍隊らしい軍隊を持たなかったドゥブロヴニクにとって、戦争とはすなわち籠城戦を意味すると言っても過言ではありません。そのため、数ヶ月から、時にはなんと 1 年半以上にも及ぶこともあった長期間の籠城に耐え抜く体制作りは、まさしく国家の一大事。

そしてこれはつまり、当時数千〜 1 万いたと言われる旧市街、及び周辺の市民を、数ヶ月〜数年支えられる量の食糧、そして水を蓄えるということを意味します。死活問題とは言え、並大抵のことでは達成しようのない備えですよね。

この難行の実現にむけ、ドゥブロヴニク共和国はまず穀物にかかる関税を撤廃し、穀物の輸入量増加を促進。さらに、市民による穀物購入時に補助金を出し、穀物購入を促進して、市内に留まる穀物の量を増やしていきました。

そして、そのようにして得た大量の穀物を、良好な状態で保存するため作られたのが、この穀物庫なのです。

こちら、立地にも工夫があります。この建物があるのは、市内でも特に標高の高い場所。言い換えれば、掘り下げても、地下水脈にあたったり、洪水に巻き込まれたりする可能性の低い場所です。ここに防水性の高い貯蔵庫を設けることで、常時 17.5 度程度に保たれる地下環境を利用し、穀物の長期保存を可能にしたわけです。…賢い。

ちなみに、ドゥブロヴニクは石灰岩の岩盤の上にある街。

重機のない中世に、この岩盤を 9 m もの深さに 15 箇所もくり抜き、防水性の高い素材で壁面を固めて保護したわけですから、見た目の地味さに反して、これは当時の最先端技術を駆使した一大プロジェクトだったことがわかります。

ヨーロッパ全体を見ても、このような、地下環境を利用した大規模な穀物貯蔵庫を設けた都市は、ドゥブロヴニク以外に例がありません。これらの穴は、単なる地味な井戸などではなく、むちゃくちゃ希少価値の高い、中世の叡智の結晶なのです!!

なお、これらの穴は、これらは一度は埋め立てられたのですが、後に一部掘り返され、展示されるようになったもの。

知らずに見ると、鉄格子のはまった地味な井戸なんですが、知ってから見ると「すごい…!」と思ってしまうはず(たぶん)。しっかり穴も覗き込んで(何も入っていませんが)、そのすごさを実感してみてくださいね。
目次に戻る


アクセス

まず、ストラドゥン(プラツァ通り)から枝分かれする小路のうち、最も広い Široka(シロカ)通りを探しましょう。ここを海側に進み、道(階段)が細くなっても、めげずにどんどん登っていきます。

かなり上の方まで上ったところで、「どっちに行けばいいのかな?」という気持ちを掻き立てる、全方向の道が狭まる十字路に出ます。落ち着いて、ストラドゥンを背にして右手を見ましょう。すると、建物の一部が路地をまたぎ、トンネルのようになったところがあるはず。

このトンネル的なところの手前が民族博物館の入り口です。斜め前あたりにある水飲み場も目印になります。

ちなみにこの建物、城壁のスルジ山側からでもはっきり見えるくらい大きいのですが、どういうわけか、近くまで行くと全く目立ちません。大きな建物のような感じが全くしないのがトリッキーです。普通の個人宅っぽい。

入り口付近の壁には、一応、博物館であることを示す地味な金属版がはりだされています。Muzej とか Rupe とか何かそれっぽいことが書いてあったような気がします(うろ覚え…ごめんなさい)。探してみてください。

入り口は階段で路面より少し高くなっていて、ドアも個人宅風。博物館っぽさゼロです。入りづらいかもしれませんが、入って大丈夫です。

しかしまあ、ここに限らず、ドゥブロヴニクの博物館・美術館は入り口がわかりづらいことが多い…。なぜなんでしょう。

なお余談ですが、このトンネルっぽい場所、アメリカの大人気 TV ドラマ、「Game of Thrones(※参考のため Amazon のリンクはります)」シーズン 4 で、Prince Oberyn(オバリン王子)と Tyrion Lannister(ティリオン・ラニスター)が売春宿前で会話するシーンの撮影ロケ地。ファンの方、どうぞなりきり記念撮影を。

目次に戻る

観光情報カテゴリの最新記事

Copyrighted Image