海外旅行でクロアチアを訪れ、行きたいお店に行ってみたら、なんと今日は休日。
お店がしまってる!

…そんな悲しいハプニングを避けるためには、事前にクロアチアの祝日をチェックしておくことが大事です。
今回は、2020 年のクロアチアの祝日の一覧をシェアします。


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx


1月

1/1 お正月

クロアチアでは、「お正月に行ったことはその 1 年繰り返し行うことになる」という言い伝えがあります。
そのため、元旦は皆いつもよりお行儀よくしていますが、この日に働きすぎると 1 年間働きすぎることになるため、やることがあってもあんまりやりすぎないように…というアドバイスをされたりもするそうですよ😁

1/6 公現祭

公現祭は、イエス・キリストの誕生の際に訪れた東方の三賢人のお祝です。
クロアチア語では Bogojavljenje(ボゴヤヴリェニェ)、または「3 人の王の日」という意味の「Sveta Tri Kralja(スヴェタ・トリ・クラリャ)」といいます。


4 月

4/13 復活祭(イースター)

イエス・キリストの復活を祝うイースターは、カトリックの国ではとても大事な日の一つ。

クロアチアでも、街中にイースター・エッグやヒヨコ、うさぎなどの関連するものが飾り付けられてとても可愛らしい感じになります。

クロアチアの皆さんの感覚だと、イースターまでが冬(そしてオフシーズン)で、これを越すと本格始動する感じになります。


5 月

5/1 労働者の日

レイバー・デイ、またはメーデー。
国際機関によって定められた祝日、国際デーの一つで、クロアチアでもそれを理由に祝日となっています。

5/30 ステートフッド・デイ

ステートフッド・デイは、クロアチアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国からの離脱を決め、独自の国会を設立したことを記念する日です。

ステートフッド・デイはもともと 5/30 だったのですが、2002 年に一度日付が 6/25、独立を宣言した日に変更されました。
しかし、これが再度 2019 年に見直され、再び日付が 5/30 にもどされることになりました。

現在は 5/30 がステートフッド・デイになっています。


6 月

6/11 聖体の祝日

聖体の祝日、コーパス・クリスティは、聖体(ミサなどで口にするパンを聖別したもので、キリストの体とみなされます)をあがめる祝日です。

6/22 反ファシスト闘争記念日

クロアチアを含むユーゴスラヴィア王国は、1941 年、枢軸国の連合軍に侵攻されて敗北し、国を解体された上、非常に過酷な支配の下に置かれました。
クロアチアにはナチスの傀儡国家である独立国家クロアチア(クロアチア独立国)が置かれ、ファシズム民族団体&政党のウスタシャがセルビア人、ユダヤ人、ジプシー、そしえクロアチア人の反対派を大量に逮捕、収監、虐殺する、この世の地獄のような状態になってしまったのです。

これに対し、枢軸国の支配に抵抗し立ち上がったのがユーゴスラビア人民解放反ファシスト会議を筆頭におくパルティザン。
彼らの最初の武装蜂起が置きたのが 6/22、クロアチアのシサクとザグレブの間にあるブレゾヴィツァという場所でした。

反ファシスト闘争記念日は、これを記念する祝日です。


8 月

8/ 5 戦勝および戦没者追悼記念日

8/5 は、1991 年から 1995 年にかけ、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国からクロアチアが離脱し、独立を果たすまでのクロアチア独立戦争において、クロアチアの勝利が決定的になった日です。

8/15 聖母被昇祭

聖母被昇天祭は、聖母マリアが亡くなる時、肉体と霊魂を伴ったまま天国に召されたことを記念する祝日です。

クロアチア全体でいうと、Sinj(スィンまたはスィニ)のお祭が大変有名ですが、ドゥブロヴニクでは、ドゥブロヴニクの大聖堂が聖母被昇天大聖堂なので、こちらで厳かにミサが行われます。
ミサの最中でも大聖堂の中に入ることはできますが、信者の皆さんにとって非常に大事なミサの日なので、できるだけ邪魔にならないように気を使って置きたいところです。


11 月

11/1 諸聖人の日(万聖節)

諸聖人の日は、全ての聖人と殉教者を記念する日です。
クロアチアのお盆みたいな日でもあり、この日は皆さん、家族のお墓に行ってお墓の掃除をして、きれいなお花のリースをお供えして、キャンドルを灯してお祈りします。

ちなみにこの前の日がハロウィーンなので、若者を中心に皆さん夜遅くまで飲み歩いて騒いでいるんですが、それでもちゃんとお墓には行く人が多いです。

11/18 戦没者追悼記念日

11/18 は、非常に過酷だったクロアチア独立戦争の中でも最も凄惨を極めた激戦地、ヴコヴァルが籠城の上陥落した日です。
クロアチア側だけで 1,624 人、双方合わせると 3000 人ほどが命を落とし、1,219 が負傷し、5,000 人以上が強制収容所に収監され、数百人の行方不明者がでた、ヨーロッパでは第二次世界大戦以降最悪の規模の戦いとなりました。

戦没者追悼記念日はヴコヴァルのためだけにあるものではないですが、ヴコヴァルを軸として、戦没者をいたむ日となっているのがこの日です。


12 月

12/25 クリスマス

祝日としては 25 日のみですが、実際は 11 月からクリスマス気分が盛り上がり、12 月になると各地のクリスマスマーケットなどもあって、ずっと祝日気分が続きます。
クリスマスマーケットはドゥブロヴニクのものも可愛らしいですが、ザグレブのものは、ここ数年ずっとヨーロッパのベストクリスマスマーケットに選ばれ続けていて、まさに一見の価値あり!

なお、「メリークリスマス」をクロアチア語で言うと「Sretan Božić(スレタン・ボジッチ)」です。

12/26 聖ステファノの日

聖ステファノはキリスト教における最初の殉教者です。
この日は聖ステファノの祝日ではありますが、なんとなく「クリスマス 2 日目」的な感じになっていますね。

一族が大集合してお祝したり、たくさんご飯を食べたりする、言ってみたら日本のお正月のような日がクリスマスですが、その翌日いきなり平日…ではなく、この日があるのはとてもありがたいことです。

基本情報カテゴリの最新記事

Copyrighted Image