ドゥブロヴニク・カード 2019 年版 最新情報

クロアチアを代表する観光地、「アドリア海の真珠」と讃えられるドゥブロヴニク。ジブリ映画の世界のような、紺碧の海にオレンジ屋根、石造りの町並は一生に一度は訪れたい絶景です。

今回は、そんなドゥブロヴニク観光の強い味方、ドゥブロヴニク・カードの 2019 年最新情報をご紹介します!


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx



ドゥブロヴニク・カードとは?

ドゥブロヴニクカードは、ドゥブロヴニク観光の強い味方にもなるお得なカード。有効期限と、少々内容の違う 1 日券、3 日券、7 日券の 3 種類があります。

簡単にいうと、このカードは、代表的なドゥブロヴニク観光名所数カ所の共通入場券。これ 1 枚あれば、ドゥブロヴニク旧市街をぐるっと取り囲む絶景ポイント、旧市街の城壁を始め、修道院から美術館、博物館まで、あちこち回れるので便利です。

そして、ドゥブロヴニク・カードの魅力的は便利さだけではありません。おまけでついてくる市内路線バスの乗車券とガイドブック。さらに、提示すれば市内各所で飲食代や、ツアー参加料金などが割引に!市内のレストランでの飲食代、またはロマンチックな夕焼けクルーズが 10% オフになる、なんてこともあるのです。

ちなみに、2019 年シーズンインから、城壁の入場料が上がって 200 Kn(200 クーナ、だいたい 3500 円くらい)になります。これ、ドゥブロヴニク・カード 1 日券と同額なので、今年からは、ドゥブロヴニク・カード、買ったほうがお得です。


ドゥブロヴニク・カードの種類とお値段

有効期間 現地で購入した場合のお値段 オンラインで事前購入した場合のお値段
1 日 200 Kn 180 Kn
3 日 250 Kn 225 Kn
7 日 350 Kn 225 Kn

ドゥブロヴニク・カードで回れる観光名所

1 日券、3 日券、7 日券共通
3 日券、7 日券のみ
おまけの市内路線バス乗車券の有効期間
  • 1 日券:
    • 初回使用時から 24 時間有効のパス 1 枚
  • 3 日券:
    • 59 分間有効の乗車券 6 枚(それぞれ、初回使用時から 59 分間有効)
    • ツァヴタット行き(10 番線)乗車クーポン 2 枚
  • 7 日券:
    • 59 分間有効の乗車券 6 枚(それぞれ、初回使用時から 59 分間有効)
    • ツァヴタット行き(10 番線)乗車クーポン 4 枚

市内路線バスのチケットは、乗ってから 59 分間有効で、その間であれば何度乗り降りしても追加料金はかかりません。利用方法や路線など、詳しくはこちらの記事をどうぞ → ドゥブロヴニクのローカル路線バス: 市内の移動

ちなみに、ツァヴタットは、お隣の自治体、コナヴレの主要な観光地で、小さくてかわいい旧市街と美しくのどかな風景が素敵な街。穏やかな内湾に面するプロムナード沿いにレストランやカフェが並んでいて、とってもかわいい場所です。

何かものすごい目玉があるというわけでもないんですが、ゆーったりのんびりする休暇向きの場所で、2019 年のヨーロッパ・ベスト・デスティネーションの総合ランキングで 8 位に選ばれています。このランキング、ヨーロッパで最大のビジター数を誇る旅行サイトが作っているものなので、実際すごいこと。ヨーロッパの人のバケーションって、こういう感じなのね〜というのが味わえる場所ですね。

ツァヴタットへの行き方はこちらの記事をどうぞ → ドゥブロヴニク郊外のローカル路線バス: ツァヴタット – ドゥブロヴニク


ドゥブロヴニク・カードの買い方

ドゥブロヴニク・カードは、現地で当日購入することも、オンラインで先に購入しておいて、現地で受け取ることも可能です。

現地で当日購入する

ドゥブロヴニク・カードはけっこういろいろなところで取り扱っています。例えば、大きいホテル、お土産店、現地旅行会社、それにドゥブロヴニク・カードを使える美術館や博物館など。

カード使用日前から周辺にお泊り方は、お泊りの場所で聞いてみるのが一番手っ取り早いです。

わかりやすいのは、旧市街のメインゲート、ピレ門の外にある観光局の事務所。ピレ門前は小さなバスロータリーになっていて、アドリア海側に噴水のある広場があります。観光局事務所があるのは、広場のピレ門の反対側のはじっこ。すぐ前にはベンチがあり、いつも人がたくさんいます。

オンラインで事前購入し、現地で受け取る ← おすすめ

オンラインで事前購入し、現地で受け取る方法をとると、ドゥブロヴニク・カードの料金がちょっとお安くなるのでおすすめです。

購入はこちらから → ドゥブロヴニク・カード公式ページ

現地での受け取り場所は、ラパド、グルージュ、ツァヴタット、そして旧市街(※詳しくは上記)の観光局事務所。それぞれ、住所は次のとおりです。

観光局事務所 @ラパド Masarykov put 2, Dvori Lapad
観光局事務所 @グルージュ Obala Ivana Pavla II 1
観光局事務所 @ツァヴタット Cavtat, Zidine 6
観光局事務所 @旧市街 Brsalje 5

観光情報カテゴリの最新記事

Copyrighted Image