アート in ドゥブロヴニク vol.1: 気軽に立ち寄れる!旧市街のアトリエ

中世には独立した都市国家だったドゥブロヴニク。小国ながら、地の利を活かした陸上・海上の貿易で莫大な富を得、文化面でも、中世にはバルカン半島のルネサンスの牽引役となったユニークな歴史を持っています。

そんな歴史のせいか、ドゥブロヴニクは今でもアート愛にあふれる街。ここへ来たら、日本だとなにかと敷居が高くなりがちな「芸術」を身近に、気軽に楽しみましょう。今回は、旧市街にある、地元出身の画家さん達のアトリエをご紹介します!


目次】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx



キャプテン・スティェプコ・マミッチのアトリエ(Art by Stjepko: Atelier)

キャプテン・スティェプコ・マミッチは、クロアチアの現代絵画を牽引する画家。

クロアチア国内より、むしろ国外でよく知られていて、フランスやイタリアなどの権威ある芸術アカデミー等の会員としても広くご活躍になっておられます。受賞歴なども華々しい!ちなみに、デジタル化された作品が、ブラジルワールドカップのエキシビジョンでのプロジェクトマッピングにも採用されていました。

さて、そんなすごい芸術家で、しかもめっちゃダンディなキャプテン・スティェプコ。若かりし頃は船長として世界の海をまたにかけて活躍していたという、画家としては一風変わった経歴の持ち主。そのため、今でも敬意を込めて「キャプテン(船長)」呼ばれているのです!

パレットナイフのみを使用し、幾層もの金箔や銀箔をキャンバスに塗り込んで作成される絵も海がテーマ。角度や距離、照明で色合いや雰囲気がガラッと変わるのが最大の魅力。キャプテン・スティェプコの絵は、幼い頃から見て、触れて、感じて、自分の中に取り込まれて魂の一部になった海が、キャンバスの上で新たな形を与えられたものなのです。

キャプテン・スティェプコ・マミッチについてもっと知りたい方は >> キャプテンのホームページ: Art by Stjepko

キャプテン・スティェプコ・マミッチのアトリエへのアクセス

まず、ピレ門からドゥブロヴニク旧市街に入り、メインストリート、ストラドゥン(プラツァ通り)にでます。オノフリオの噴水を右手、フランシスコ会修道院を左手に見ながらストラドゥンを進み、修道院の前を通り過ぎてすぐ、一番最初の路地に入ります。ストラドゥンと、路地の先にあるプリィェコ通りのちょうど真ん中あたり、右手にアトリエがあります。

アトリエにキャプテンがいらっしゃるときは、アトリエの前になにか絵を飾っていることが多いので、すぐにわかります(本人がおられるときしか開いていないのです)。雨などで絵が出ていなくても、右手を見ながら歩けば、ドアが開いていて、海の深い色の絵画が並んでいるのはここだけなので、ドアが開いていたらぜひ足を踏み入れてみてください。


目次に戻る


アートギャラリー ホマ(Art Gallery Homa)

アートギャラリー ホマは、ドゥブロヴニク出身の女流画家、ヤドランカ・ムニティッチ(Jadranka Munitic)さんのギャラリー。アトリエとして使うこともありますが、普段はとてもお美しい娘さんが訪問客の対応をされていることが多いです。

ヤドランカ・ムニティッチさんの作品は、油絵の中に様々な異素材をミックスし、奥行きと透明感を表現するスタイル。ドゥブロヴニク旧市街を題材にした作品、そしてバルカン半島のユダヤ教の結婚式を題材とした作品を多く手がけていて、特に後者はその芸術性で高い評価を受けています。

なお、ヤドランカさんは小さい作品を作るのもお好きで、小さなキャンバス、さらにははがきくらいのサイズのカードボードなどを使った作品も数多く制作されています。

これ、彼女の作品が好きな人にはとってもラッキーなこと!

なんといっても、大きい絵の購入はちょっと難しくても、ちょっと頑張ったお土産くらいの気持ちで、本物のアートを手に入れることができてしまうのです!なお、かわいらしいサイズのものは遊び心のある作品も多く、額を工夫するととっても素敵なインテリアになります。

ちなみに筆者も、夜のドゥブロヴニクを描いた、ちょっと大きめのポストカードくらいの作品を購入し、自宅に飾っています!見るたびに「ああ、買ってきてよかった」と思う、幸せなお買い物になりました。

なお、ヤドランカさんのご家族は、旧市街内で民泊として泊まれる、ヴィラ・ホマ・ドゥブロヴニク(Villa Homa Dubrovnik)も経営されています。こちら、ヤドランカさんの絵が飾られているので、贅沢な気持ちで過ごすことができ、なかなかおすすめ。

ギャラリー・ホマへのアクセス:

ピレ門からストラドゥンに入り、旧港に向かってストラドゥンをそのまま直進します。ルジャ広場の時計台がだいぶ近づいてきたら、左手に注目しながらすすみましょう。洋服屋さんと本屋さんの間の路地、ボシュコヴィチェヴァ通り(Boškovićeva Ulica – ケーブルカー乗り場に行く時に使うブジャ門に続く路地)が見つかったら、この路地に入ります。

入ったら割とすぐのところにあるので、路地の右手に注目しながら進んでください。小さめの作品が飾られた棚、その奥に大きなサイズの絵画、そしてその先には建物を突き抜けた向こう側のジュディオスカ通りが見える場所があったら、そこがギャラリー・ホマです。


目次に戻る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyrighted Image