クロアチア コルチュラ島の白ワイン、ワインアワードで初の金賞受賞!

数あるワインコンテストの中でも、世界最大かつ最も権威あるものとされるデキャンタ・ワールド・ワイン・アワード(Decanter World Wine Awards)。クロアチアからも、毎年多くのワインが出品される中、今年、2018 年は、初めてコルチュラ島のワインが金賞を獲得しました!

今回は、これを記念して、コルチュラ島のワインをご紹介します。


目次】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx



コルチュラ島とは

コルチュラ島は、クロアチアの海沿い、ダルマチア地方にある美しい島。一説によると、あのマルコ・ポーロ生誕の地とも言われ、旧市街にはマルコ・ポーロ記念博物館も存在します。旧市街は、2,3 時間もあればすべての路地を歩ききれるほど小さいですが、ドゥブロヴニクとはまた建築様式の違う独特の味があり、お散歩には最高の場所。

旧市街の海岸線に沿ってレストランが並び、階段を降りれば澄み切ったアドリア海で泳ぐこともできます。そして一度旧市街を離れれば、のどかな田園風景が広がり、観光地化しすぎていないダルマチアの島の人々の暮らしが肌で感じられる。

本当に、特に何ということもせず、ゆっくり魂をチャージするバケーションにぴったりだなあ、というところです。個人的には、海のすぐ近くのブティックホテルや民泊などを利用する旅がおすすめ。旧市街に泊まるのも素敵です。

そんな美しい景観や旧市街だけでなく、高品質のワインやオリーブオイル、はちみつなどの生産地としても知られ、繰り返し訪れるファンも多いゆったりしたコルチュラ。アクセスもしやすく、ドゥブロヴニクからフェリー、または高速バス(途中でカーフェリーにバスごと乗り込む路線があります)でアクセスすることができます。
目次に戻る




コルチュラ島のワイン

コルチュラ島のあるダルマチア地方を代表するワインといえば、最も有名なのはペリェシャツ半島のプラヴァッツ・マリ(Plavac Mali)種の赤ワイン。クロアチアで最初に原産地名称保護制度の対象となったディンガチ(Dingač)とポストゥプ(Postup)を始め、基本的にこのあたりは赤ワインリージョンなのです。

しかし、これがコルチュラ島になると、こちらでは圧倒的に白ワインがメイン。そして、その中でも最も有名なブドウといえば、何をおいてもポシップ(Pošip)です。

ポシップは、コルチュラ原産のブドウの交雑により生まれた 100% コルチュラ産の固有種。ヨーロッパのブドウをほぼ殲滅し、クロアチアの固有種の多くもまた絶滅させたフィロセキラ(ブドウネアブラムシ)禍に耐えた大事なブドウなのです。

ちなみに、コルチュラは土壌が砂混じりで、フィロセキラの生育には向いていません。そのため、ポシップ以外にも、グルク(Grk)、ブラトゥコヴィナ・ビィェラ(Bratkovina Bijela)、ズラタルスカ・ビストリツァ(Zlatarska Bistrica)など、非常に古いブドウが残っているのです。これは行って飲むしかないでしょう…!

近年になってから、コルチュラのブドウの価値が再発見され、注目を集めるようになってきました。そのため、今ではポシップやグルクも、コルチュラ以外で育てられるケースも増えてきています。

なお、筆者、個人的にグルクがとってもお気に入りなので、今度これについても詳しく書きますね。
目次に戻る


デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード 2018 入賞のコルチュラ産ワイン

さて、今回デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード 2018 で、コルチュラ島に初の金賞をもたらしたワイン。それは、ヴィナリヤ PZ ネリツァ(Vinarija PZ Nerica)のポシップ・ネリツァ(Pošip Nerica)2016。95 ポイントの高得点獲得です。

とても綺麗な深い黄金色に、はちみつやドライアプリコットに軽いシトラスのヒントのある甘く華やかでフルーティな香り。ドライでありながら濃厚、パンチが聞いていながら爽やかでもあり、魚介類だけでなく、お肉と合わせてもバッチリいけそうな仕上がり。クロアチアのプロシュートや、羊のチーズまたはペカなんかもよさそうですね…。

和食だったら、昨今なにかと話題の鰻(ちなみにダルマチア地方でも天然鰻が採れる場所があり、食材になっています)、魚の山椒味噌焼きなどにピッタリはまりそうです。日本で売ってくれたらいいのに…(ダメ元で次回行った時に交渉してこようかな)。

なお、2016 年ヴィンテージに限らず、ポシップ・ネリツァはけっこうファンが多いもよう。ダルマチアで、ポシップを数種類置いているレストランなどでネリツァを頼むと、「お、わかってるねー!」といったコメントをもらうことが受賞前から時々ありました。

ちなみに、同じワイナリーからポシップ・ミンデル(Pošip Mindel、多分こちらの方が高級だったような…)が銅賞も受賞しています。
目次に戻る

Viator



日本で買えるのは…?

残念ながら、現在のところコルチュラ島のワインは日本では買うことができなさそう。えー…。

仕方ない、行って飲みましょう!!

でも、ポシップは下のものが見つかりました。いずれもコルチュラではなくもっと北の方のもの(最近、コルチュラだけでなく、ダルマチアの色々なところでポシップが栽培されるようになっています)。

個人的にはスティナの方が好き。でもどっちも美味しいです(両方買って実際飲み比べました。日本で売っているクロアチアワインで、たぶん美味しいはずのものはすべて試しにかかる勢いでいきます!)


Amazon で買えるもの(※エノテカにも同じのがありました):クラリェヴスキ・ヴィノグラディ ヴィナ・プンタ・スカラ ポシップ

  • ザダル近くにあるワイナリー
  • 今回のデキャンタ・ワールド・ワイン・アワードでは 2017 年のヴィンテージが銀賞に入賞

楽天で買えるもの: スティナ ポシップ

  • クロアチアのワイン産地として名高い島の一つ、ブラチュ島のワイナリーです。

ちなみに、スティナはエチケット(ラベル)が真っ白で、文字はエンボス加工になっています。クリエイティビティを発揮するためなんだとか。おしゃれー!
目次に戻る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyrighted Image