クロアチアのお酒: Alcohol Beverages in Croatia

WHO、世界保健機関の統計によると、クロアチアは国民一人あたりのアルコール消費量、世界トップ 10 の常連。知られざるお酒大好き国家なのです。

今回は、クロアチアでよく飲まれるお酒、そしてお酒にまつわる習慣やマナーをご紹介します。


目次】


iStock. by Getty Images ポートフォリオ: marimjx
Instagram – Be my Follower: marimjx


クロアチアでよく飲まれるお酒とは?

クロアチアでよく飲まれるお酒といえば、なんといってもビールとワイン。いずれも、地元のビール、ワインが人気で、食事のお供として、そして単体でも、日常的に嗜んでいる人が多いです。

クロアチアでは、ワインの方が生産の歴史も長く、知名度も高いのですが、人気という面ではビールも遜色ない様子。

ビール好きの多さは、もしかすると、地理的にドイツに近く、また、ハプスブルグ帝国の一部だった歴史が長いのも影響しているかもしれません。また、最近クラフトビールの大流行でおいしいビールが増えているので、それも理由の一つかも。

蒸留酒、ラキヤも広く楽しまれていますが、こちらは日常的に飲むというより、ホームパーティやお祝い事などの時に飲むことが多い印象です。
目次に戻る


ビール

クロアチアでも日常的に親しまれているビール。クロアチア最古のブリュワリー(醸造所)創業はなんと 1664 年、日本ではなんと江戸(寛文)時代!

大量生産が始まる前、自家醸造されていた歴史も含めれば 1000 年を超えるスパンで愛されてきたクロアチアのビール、実は今、クラフトビール革命の真っ最中。

数年前の規制緩和を受け、個性的なこだわりのクラフトビールを造るマイクロブリュワリーが雨後の筍のような勢いで増え続けています。特にザグレブのクラフトビールシーンはかなり熱い!

クラフトビール好きで、数日間滞在される方、ぜひ、トゥカルチチェバ通り(Tkalčićeva Ulica または Ulica Ivana Tkalčića)沿いのカフェやレストラン、パブなどで色んな種類を試してみてください。Zmajska(ズマイスカ)、Nova Runda(ノヴァ・ルンダ)、The Garden(ザ・ガーデン)、Medvedgrad(メドヴェドグラード)、Vunetovo(ヴネトヴォ)など、個性的なブリュワリーのビールの飲み比べ、大変楽しいです。

クロアチアのビールについては、別途こちらにもまとめてあるので、ご興味あったらどうぞ → クロアチアのビール

大手ビールも、外国産ビールも、クラフトビールもたくさんあるクロアチア。ビールはちょっと苦手、という方でも、「あれ?美味しい…」と思えるビールに出会えるかもしれません。
目次に戻る


ワイン

あまりワインの印象のないクロアチア。実は、古代ギリシャ時代に始まり、3000 年以上に渡るワイン生産の歴史を持つワイン大国。クロアチア固有のブドウを使ったワインが多くあり、地形も変化に富んでいるため、個性的でユニークなレアワインがたくさんあります。

ただ、クロアチアワインは、多くが国内で消費され、輸出は増加傾向にあると言え、さほど多くありません。外国産も多いビールに比べ、ワインはクロアチア産が多いのも、このあたりに理由があるのかもしれません。作ったら作っただけ飲んじゃうという姿勢、潔さが感じられていいですね。

さて、クロアチアの主なワイン生産地は、ハンガリーと国境を接する大陸側のスラヴォニア(Slavonia)地方、それからアドリア海沿岸のイストリア(Istria)地方、そしてドゥブロヴニクやスプリットのあるダルマチア(Dalmatia)地方。それぞれ気候、地形が異なるため、どの産地のものを選ぶかで、同じブドウを使ったワインでも全く違う味わいになります。

小規模のワイン生産者も多く、流通がご近所に限られるもの、または自家製で親族内でほぼ消費されるものなども、そう珍しくはありません。良くも悪くも、びっくりするほど個性的なワインに出会えることが多いのがクロアチアの魅力の一つ。

ワイン好きな方には、ぜひこの面白さを知ってもらって、あちこちで地元のワインを味わっていただきたいです!めちゃくちゃ面白いです。

→ ご参考までに: 代表的なクロアチアワイン
目次に戻る

Viator

ラキヤ

クロアチアを始め、バルカン諸国で広く親しまれている蒸留酒、ラキヤ。これは日本で言うと梅酒のような感覚で、自分で漬け込んでいる家庭も多いです。これはいわゆる「とっておきのお酒」的なもの。誰かの家に招かれた時やお祝い事の時などに出てきます。

…同時に、特に田舎の方のおじいちゃんおばあちゃんが、朝から引っ掛けている印象も。朝ごはん代わりというか、一日の始まりにまず体を温めてエネルギーを…ということらしいですが、なんともパワフルでよろしいことです。

いずれにしても、家庭で漬けているからなのか、ブドウを育てている田舎の親戚に原酒にあたる素のラキヤをもらう人も多いからなのか、おじいちゃんおばあちゃんのところには絶対にある。ラキヤはそんなお酒です。

家庭的なレストランなどだと、食後のお口直しとして、「うちのおばあちゃんが漬けたやつ。味見してみて」などと言いつつ、自家製のチェリーのラキヤなどをふるまってくれることが時々あります。チェリーの濃厚な香りと自然な甘みがとっても美味しく、おもてなしの心と合わせて、とっても幸せな気持ちになれること間違いなし。

ちなみに、ラキヤはある種万能薬扱いもされていて、はちみつのラキヤ、またはハーブを漬けたラキヤなどは、風邪から倦怠感、頭痛から胃痛までなんでも治ることになっています。
目次に戻る


カクテル & その他のお酒

カクテルは、地元では日本ほど人気がないようで、観光客が多い店のほうが、カクテルを揃えている可能性が高くなります。高級ホテルのバーやラウンジ、「カクテルバー」と謳っている場所であれば、一通りのカクテルを楽しめるでしょう。ワイン、ビールなどが中心のお店だと、カクテルは限られた種類しか置いていないかもしれません。

なお、カクテルに含めていいかどうかわかりませんが、赤ワインの水割り・ベヴァンダ(Bevanda)、白ワインの炭酸水割り・ゲミシュト(Gemišt)というのはよく飲まれます。これだと、酔わずにさっぱりとワインを楽しめるので、お酒に強くない人でも安心。意外と悪くないです。

ちなみに日本酒は、本気の日本料理店などに行かないとまず見かけません。知っているけど飲んだことはない、という人が大多数ではないかと思います。
目次に戻る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyrighted Image