パグ島のチーズ、今年も世界ナンバーワン!

2016 年に続き、今年もクロアチア、パグ島のチーズがインターナショナル・チーズ・アワードでゴールドメダルを受賞しました!

受賞したチーズは羊乳のハードチーズ。クロアチアを代表するグルメ、美食家垂涎のチーズです。


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx


パグ島のチーズとは

パグ島は、アドリア海北部に浮かぶ、クロアチアで 5 番目に大きい島です。
細長いパグ島の大部分は、石灰岩がむき出しになった白い荒野。
上空からの地図では、アドリア海と周囲の土地の森の緑の中、パグ島だけ白く浮き出しているように見えます。

さて、この特徴ある島、パグで生産されているチーズ、パシュキ・スィル(Paški Sir)。
世界でも非常に高い評価を受けているチーズで、地元でも、クロアチア国外でも、とても人気があります。

このパシュキ・スィル、羊乳 100% のセミハードチーズ。
イタリアのペコリーノ・ロマーノなどと同系統のチーズですが、色味は黄色が強く、香りがとてもよいのが特徴です。
「癖」というよりは「個性」があるという表現の方がしっくりくる、食べやすさとコク、香りがバランスよくまとまった、とても完成度の高いチーズです。

この個性、パグ島の厳しい風土が育むものと言われています。

常に強い海風が吹き付け、土壌の塩分含有量の高いパグ島(※パグ島には塩田もあります)。
石灰質の土は痩せていて乾燥がち、牧草が豊かに育つ土地ではありません。
そのため、ここの羊たちは、塩分や乾燥に強い岩場で育つ植物を食べて育ちます。

さて、幸運なことに、この「塩分、乾燥に強く、岩場で育つ」植物の中には、セージ、ニガヨモギ、イモーテルなど、料理や飲料の香りづけや味つけ、またはエッセンシャルオイルとしてスキンケアなどに利用される香り高いハーブが含まれます。
そして、これらのハーブこそが、パグ島の羊乳の独特のアロマの元なのだそうです。

パグ島のチーズは、クロアチア国内の様々なところで販売されています。

レストランのメニューにも載っていることが多いので、もし見かけたら是非挑戦してみてください。
筆者の母は癖の強いチーズが苦手なのですが、これは「独特の香りはあるのに美味しい」と言っていましたよ!


受賞したチーズ

今回金賞を受賞したのは、パグ島の Sirana Gligora D.O.O. の Paški sir(パグ島のチーズ)。
カテゴリーは羊乳のハードチーズ(Sheep milk cheese, open to UK and non-UK products, Hard-pressed)です。
また、同じ Sirana Gligora D.O.O. は今回ヤギのチーズ(Kozlar)も出品しており、こちらは銅メダルを受賞しています。

ヤギのチーズの方は、羊の方に比べてややクセがあります。
しかし、こちらもハーブの生み出す香りがあり、ヤギの獣っぽい香りをうまくまろやかにしています。
チーズは好きだけどヤギのチーズは未経験、という方にはよいエントリーになるかも。
チーズ好きの人には、こちらもぜひお試し頂きたいチーズです。

個性の強いワインと合わせても、さっぱりしたワインと合わせても不思議と引き立つアロマがいい感じです。