クロアチア語会話 3: あけましておめでとうございます & お祝いの表現

クロアチア語会話シリーズでは、旅行時に使えるちょっとしたクロアチア語フレーズをご紹介します。

第 4 回目の今回は「あけましておめでとうございます」を始め、主なお祝いの表現を取り上げます。


iStock. by Getty Images ポートフォリオ:Mari_mjx
Instagram Profile:@marimjx 


あけましておめでとうございます

「あけましておめでとうございます」 → Sretna Nova Godina.(スッナ ノヴァ ディナ)

  • 発音:
    • 最後の「ディナ」を強調します。

メリークリスマス

「メリークリスマス!」 → Sretan Božić!(スタン ジッチュ)

  • 発音:
    • 最後の「ジッチュ」を強調します。
    • 語尾の「チュ」は母音のない音。「チュ」の口の形にして息のみ出せば OK。

メリークリスマス(※キリスト教以外の人にも使えるバージョン)

「ハッピーホリデイズ!」 → Sretni praznici!(スッニ プズニツィ)

  • 「メリークリスマス」からキリスト教色を取り除いた表現。英語の「Happy Holidays」にあたり、キリスト教徒以外にも使える表現です。
  • 発音:
    • 最後の「プズニツィ」を強調します。

「お誕生日おめでとう」 → Sretan rođendan.(スタン ヂェンダン)

  • 発音:
    • 最後の「ヂェンダン」を強調します。

おめでとう

「おめでとう!」 → Čestitam!(チェスティタム)

  • 発音:
    • 「チェ」にアクセントを置き、あとはさらっと流します。
  • 英語の「Congratulations」と同様、何かをした結果に対して誰かを祝う表現。定期的にやってくるイベントなど、先立つ努力などがない場合はあまり使いません。
  • 自分自身も含めて「やったぜ!」と祝いたい時(地元出身のサッカーチームが勝った時など)は、「Čestitamo(チェスティタモ)」という言い方になります。