グンドリッチ広場: Gundulic Square

グンドリッチ広場: Gundulic Square
Gundulić Square in the heart of the Old Town in Dubrovnik, Croatia
グンドリッチ広場 – Image Credit: traveljunction via Flickr

Index



グンドリッチ広場:概要

グンドリッチ広場は、オド・プチャ通り(Ulica od Puča)の東側の端にある広場。もともとは広場ではなく、建物が並んでいたそうですが、1667 年のドゥブロヴニク大地震で建物が倒壊したのを機に、今のような姿となりました。

現在のグンドリッチ広場は、中央に立つ詩人イヴァン・グンドリッチ像、広くテラス席を広げる数々のレストラン、そして午前中開かれる市場で知られています。

グンドリッチ像の背後には聖イグナチオ教会、そしておすすめ絶景ポイントであるブジャ・バーに続く階段。この階段は、世界中で爆発的な人気を誇るエピックファンタジードラマ、Game of Thrones に何度も登場するロケ地(※リンクをクリックすると Amazon の Game of Thrones DVD のページが開きます。原書もおすすめ!)。Game of Thrones ツアーでも絶対にくる場所です。

グンドリッチ像の右斜め後ろあたりには Konzum という、クロアチア中にあるチェーンのスーパー(ここの店舗はとても小さく、生鮮品をちょっと置いてあるコンビニくらいの雰囲気です)があり、お土産を買うにも便利。Konzum の脇にはアマーリングの噴水(Amerling Fountain)という小さな噴水があり、この水もオノフリオの噴水: Onophrian Fountainと同様、飲用可能です。
Index に戻る



イヴァン・グンドリッチ

イヴァン・グンドリッチは、共和国時代のドゥブロヴニクで 1589 年に生を受けた詩人・政治家。バロック調全盛期のクロアチア詩人の中でも特に優れた傑作をいくつも残しています。

グンドリッチ家はドゥブロヴニクでよく知られた名家で、政治家、外交官として活躍した父フランチェスコのもとで、イヴァン・グンドリッチも若い頃から頭角を現しました。ドゥブロヴニク評議会に初選出されたのはなんとイヴァンが 19 歳の時のこと。その後も何度も大、小両方の評議会議員となり、ドゥブロヴニクに隣接するコナヴレ地区の総督職も 2 度にわたって務めました。

政の傍ら、初めての詩集を出版したのはイヴァンが 32 歳の時のこと。代表作にはドゥブロヴニク共和国の栄華を豊かな表現で謳いあげる「Dubravka(ドゥブラヴカ)」、ヨーロッパ対トルコの対立を通して東と西の二つの世界、そして自由と隷属の対立を描いた「Osman(オスマン)」などがあります。

広場の中央に立つイヴァン・グンドリッチ像の足元は、彼の詩の世界を代表するモチーフであるドゥブロヴニク共和国とその自由(玉座に座った姿で描かれる女性像)、そしてドゥブロヴニク共和国の繁栄を脅かすオスマン帝国(玉座に噛みつく竜)、ヴェネツィア共和国(玉座の下の敷物を噛むライオン)のレリーフで飾られています。
Index に戻る

観光情報カテゴリの最新記事

Copyrighted Image